FC2ブログ

ホームモノと向き合う暮らし ≫ またモノが増えてきた茶の間の現状。悪い見本です。

またモノが増えてきた茶の間の現状。悪い見本です。

茶の間のテレビ前は、祖母そして母と、我が家の主婦の指定席でした。母が老健施設に入所して以来、現在は私の場所になっています。

茶の間はキッチンと続き部屋になっているため、家事をしながら合間に、テレビを見たり本を読んだりするのに便利なのです。

実際にその立場になってみると、代々の一家の主婦がこの場所に座っていたのがうなづけます。

またモノが増えてきた茶の間の現状

この部屋は東日本大震災の時の衝撃で、かなり壁が落ちてしまっているのですが、なかなか修理できなくて、今でもそのままです。

祖父母の頃と違って、今はあまり来客も無いので、本格的にリフォームするまでは、見て見ぬふりを決め込んでいます。

そんな部屋ですが、仏壇がある部屋なので、お盆のため8月12日にお掃除をしました。そうしたら、私が持ち込んだ本や道具がいつのまにか増えていたのに愕然としました。

スポンサーリンク


断捨離とか、モノを少なく、とか言いながらも、気がつけば身の回りにモノが増えているという状況。反省しきりです。

病気をして退院後、まだ体調が良くない頃には、毛布を持ち込んで、ここで横になっていましたので、体調が良くなってきた今でも、その習慣が抜けないというのもあるかもしれません。

何でも手の届くところにおいて、片付けないのでモノが増えていくのですね。

お盆の飾りつけをするために、テーブルの上や下にあったものは、押し入れの中に詰め込みました(汗) ↓こんな状態です。

またモノが増えてきた茶の間の現状


これはダメです。ダメなやり方です。わかっています、わかっていますが、時間がなかったので、とりあえず……

散らかったモノは押し入れに詰め込み、戸をしめて見えなくなったら片付け終了。これは汚部屋へのファーストステップ。マネをしないようにご注意ください。

ちなみに、これまでの茶の間の断捨離はこんな状況でした。

最初にこの場所の断捨離をしたのは、2015年8月14日のこと。→お盆のために母の居ぬまに茶の間のプチ大掃除をしました。

この時は、お盆が間近に迫って、あわてて、とりあえず見えるところだけ片付けたのでしたが、その後、茶の間にある押し入れのひどい状態を解決すべく、決死の覚悟で(笑) 片付けたのがこちら → ひどいモノ詰まり状態の茶の間押し入れの断捨離決行

ほとんどのモノを捨てて完了したのがこちらでした。 → モノ詰まり状態の茶の間押し入れの断捨離完了。ビフォーアフター写真付き

さらに、1年後の状態はこうでした。 → 断捨離した茶の間の1年後の状態は

ところが現在は……  できるだけ早く片付けようと思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示