FC2ブログ

ホーム断捨離実践の記録 ≫ 汚部屋の法則。スキマにはモノが集まる:母の納戸の断捨離14回目

汚部屋の法則。スキマにはモノが集まる:母の納戸の断捨離14回目

母の納戸の断捨離14回目、今回はタンスとタンスのスキマに詰まっていたモノを断捨離しました。

ちょっとでもスキマがあると、モノが詰まる(笑) 汚部屋の法則です。これまでの断捨離はこちらです。→母の納戸の断捨離記事一覧

母の納戸の断捨14回目

こんなところに入れておくくらいなら、捨てれば良いじゃない? 普通は思いますが、我が家のように代々捨てられない人はそうは考えないものなんですね。

「捨てる」ことにはまったく思いが及ばない。タンスから溢れているこれをどこにしまおうか? そう考えてしまうのです。

スポンサーリンク


私が、タンスに入らなければ、入るだけにモノの量を調整すればいいんだ、と、考えられるようになったのは、断捨離をはじめてからでした。

ここのスキマに入っていたのは、紙袋に入った結婚式の記念写真。私の結婚式、妹の結婚式、従兄弟の結婚式など、新郎新婦ふたりの写真や、親戚一同の集合写真など。

これらは私の一存では捨てられないので、まとめて整理タンスの中にしまっておきました。

母の納戸の断捨14回目

他には、なぜか大量の包装紙、車輪がついた旅行バッグ。なぜか、水切り袋や、空っぽのサプリメントの瓶や化粧村の瓶など。これらはすべて捨てました。

使い終わった瓶などは、ちょっとゴミ箱に捨てればすむものを、こういうところに入れてしまうのが、なんとも笑ってしまいますが。

空き瓶などはラベルをとって捨てられるようにするまでが結構面倒なんですよね。片付けられない人は、そのひとと手間が面倒臭いので、ついつい…… 

こういうことが汚部屋につながると、理解して、自覚しないといけません。

母の納戸の断捨14回目

と、今は偉そうにいっていますが、断捨離をはじめるまでの私は似たようなものでしたから。母のことは笑えません。

自戒を込めて、断捨離を続けます。


スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示