FC2ブログ

ホーム断捨離実践の記録 ≫ 子ども用整理ダンスの中身:母の納戸の断捨離7回目

子ども用整理ダンスの中身:母の納戸の断捨離7回目

母の納戸の断捨離7回目は、子ども用の整理ダンスの中を探索してみます。

このタンス、実は私が小学校に新入学した時に、今は亡き母方のおばあちゃんから買ってもらったもの。

当時、勉強机とランドセルも一緒に買ってもらったのですが、このタンスだけは壊れずに今に至っています。これまでの断捨離はこちらから読めます→ 母の納戸の断捨離記事一覧

母の納戸の断捨離7回目

私が小学生だったのは、約50年前ですから、なんと半世紀も前のタンスなのです。描かれているブタさんやクマさんのイラストも昔風な感じです。

私が使わなくなった後は、母が小間物入れに使っていました。

スポンサーリンク


引き出しの中身は、紙や小袋やメモ等々無造作に投げ込まれていました。

ひとまずひとつひとつ取り出して、不要なものと残すものを選別しました。ほとんどは捨てるものなので、可燃ゴミは直接ゴミ袋へ放り込んで行きました。

母の納戸の断捨離7回目

よれよれのセカンドバッグや汚れた和装バッグ、お財布などが色々出きました。

下の写真の真ん中の下にあるガマ口3つ。ビーズで編んだものなのですが、これ確か、亡くなった祖母が手芸で編んだものです。

懐かしいですけれど、今はもうこんなおサイフは使わないので、記憶に焼き付けて処分することにしました。

これらのバッグやサイフは、金具がついているので、夫がバラしてくれて、可燃ゴミ、不燃ゴミに分けて捨てました。

毎回そうなのですが、分別して捨てるのが一番大変です。それが面倒で、ついついタンスにしまい込んで、目の前になくなったから片付いたと思い込んでしまうのですね。

母の納戸の断捨離7回目

ほとんどのものは捨てたのですが、さすがに残したものが少しあります。

小箱の中に無造作に放り込まれていた母のアクセサリ類です。そんなに価値のあるものはありませんが、父が旅行のお土産に買ってきたものなどもあるので、前回の断捨離で出て来た記念コインや天然石などと一緒にして取り置きました。

また、金色の巾着の中には、お宝が入っているかと期待したのですが、一円玉と五円玉の小銭がつまっていました。お財布が小銭で重くなると、ここに移していたものだと思われます。

母の納戸の断捨離7回目

あと、もう一つ。写真の右下にある「ⅢC」というバッジ。これ結局は捨てたのですが、懐かしいので写真に残しておきました。

中学校のクラスバッジです。ただし、たぶん妹のだと思います。私はⅢA、三年A組だったので(笑)

母の納戸を断捨離していると、自分の部屋を断捨離しているのとは違った、懐かしいものが出て来て面白いです。

写真には撮らなかったのですが、妹の高校時代の通信簿とテストの成績表が出て来たので、思わず妹にメールしてしまいました。「捨ててくれ~」と妹とが言ったので、破いて捨てましたけれど(笑)

母が娘の成長の証に大切にとっておいてくれたのだと思いますが、その気持ちだけはくみ取って、それでも捨てようと思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示