FC2ブログ

ホーム断捨離実践の記録 ≫ 古い書類入れの中身を捨てました:母の納戸の断捨離6回目

古い書類入れの中身を捨てました:母の納戸の断捨離6回目

母の納戸の断捨離6回目は、タンスの上にあった、青い書類入れの中身を見てみました。

早くも梅雨明けして気温の高い日が続いています。汚部屋にこもっての断捨離はちょっとキツくなってきました。これまでの断捨離はこちらです。→ 母の納戸の断捨離記事一覧

母の納戸の断捨離6回目

昔の書類入れは、丈夫な作りですが、金属なので重いです。とりあえず、引き出しを全部並べて、何が入っているのか確認してみました。

スポンサーリンク


予想通りというか、何というか、思っていた通り、ガラクタばかりです。

古い領収書や、レシート、メモ帳などの紙類、風呂敷やハンカチ、筆記用具等々。ほとんどのモノは直接ゴミ袋に放り込みました。

母の納戸の断捨離6回目

捨てる手が止まったのは、パールビーズのネックレス3本が出て来たとき。一瞬、真珠かと思ったのですが、よく見ると軽いビーズのネックレスでした。これは、使わないので、バラバラにして捨てました。

残したのは、記念メダル3個。部屋が暗かったので何のメダルか良く見えなかったのですが、エキスポ何とかと書いてあったので、いずれかの万博のルダルなんだと思います。

他に、青やピンクや飴色の天然石らしい石が複数個入ったプラスティックの小さな箱があったので、それも残してみました。たぶん、ペンダントやなどのアクセサリに加工するための石じゃないかと思います。

母の納戸の断捨離6回目

捨てるモノは、可燃物と不燃物に分別して袋に入れ、金属の書類入れ自体は、ある程度捨てるモノがまとまったら、夫にゴミ処理場へ搬入してもらいます。

地域のゴミ処理場は、車で15分程度のところにあるので、夫にはもう何度も運んでもらっています。そのため、職員さんと顔なじみになってしまって、捨てるのを手伝ってもらったり、捨て方のアドバイスをもらったりしているようです。

直接にゴミの搬入するのは、普通は重量によって手数料がかかるのですが、我が家はゴミ処理場のある地域なので、迷惑料として手数料が免除されています。おかげで、何度でも直接搬入できるので助かっています。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示