FC2ブログ

ホーム断捨離実践の記録 ≫ ダンボール箱には大量のタオルが詰まっていました:母の納戸の断捨離2回目

ダンボール箱には大量のタオルが詰まっていました:母の納戸の断捨離2回目

モノが詰まった汚部屋にあるモノは、ほとんどが使わないものばかりです。なぜなら、詰め込んだまま何年も、ヘタすると何十年も使っていないものばかりですから。これまでの断捨離はこちらです →母の納戸の断捨離記事一覧
母の納戸の断捨離2回目

モノ詰まりの部屋の断捨離は、とにかく捨てるしかありません。母の納戸の断捨離2回目は、シミだらけのダンボール箱2つと、近くにあった紙袋1つを開けてみました。

スポンサーリンク


ダンボール箱の中にはギッシリとタオルが詰め込まれていました。1つの箱には、お年賀や記念品として戴いた企業名の入ったタオル。もう1つの箱には、これもいただき物だと思うのですが、きれいな柄のタオル。

母の納戸の断捨離2回目

企業名の入ったタオルは、雑巾用に数枚残して、あとは捨てました。きれいな柄のタオルは、洗濯してから洗面用のタオルの替えとして使おうと思うので取り置きました。ダンボールに入ったままだと見た目がよろしくないので、お風呂場の棚の上に移す予定です。

以前、断捨離で出てきたタオルを大量に捨てたのですが、捨てた直後にタオルが必要になって、急いで購入したということがあったものですがら、多少はストックとして残しておいた方が良いと思いました。

母の納戸の断捨離2回目

他に、大きな紙袋に入っていたのは、母の機械編み用の器具だと思われるもの。母は若い頃、機械編みでセーターなどを編んでいたことがあって、その頃のものだと思われます。

これは全て捨てるのですが、プラスティックと金属とがくっついているので、どうやって捨てたら良いのか少し悩みました。おそらく不燃ゴミで良いと思うのですが。


今回もまた10分くらいの断捨離でした。梅雨の時期で湿気が多いせいか、汚部屋で作業しているとなんとなく気分が悪いです。断捨離には晴れて乾いた日の方がヤル気が出ますね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示