ホームモノと向き合う暮らし ≫ ガスの安全点検、断捨離後のキッチンであわてなくてすみましたが…

ガスの安全点検、断捨離後のキッチンであわてなくてすみましたが…

4年に1回、契約しているガス屋さんが点検に来てくれます。法律で決められているのだと思いますが、ガス漏れがないか、ガス器具が劣化していないかなどを点検してくれます。

前回までは、点検のお知らせが来るとキッチンの片付けで大慌てでした。
食卓の上にはモノが乱雑に積んであったり、床にモノが並んでいたり、シンクの中には洗い物が付けてあったりしましたから。

ガスの安全点検、断捨離後のキッチンであわてなくてすみました
 
でも、今回は「断捨離した後」ですから、特に片付けをすることもなく、ガス屋さんにキッチンに入ってもらえました。
ただ、我が家のキッチンは、よくミニマリストさんが公開されているようなスッキリしたキッチンではありませんし、使い方が荒かったのでかなり汚れています。

でもやはり、モノが溢れていないと気持ちの余裕が違います。実感しました。

スポンサーリンク

我が家のシステムキッチンは、家を新築して以来30年以上使っているので、ガスレンジが劣化しています。ガスの出る穴の部分が錆びてグズグスに崩れてきているので、とても危険なのです。

8年前の点検の時に次回は交換しましょうと言われ、4年前の点検時ににガスレンジだけ交換しようとしたのですが、最近の規格と違っているらしく、サイズが合わなくて断念しました。

いよいよ、今回は待ったなし。システムキッチンまるごと交換することになりました。

現在の我が家は無収入家庭です。夫がリストラで仕事を辞めてから、これまでの蓄えで食いつないでいる状況なので、突然の高額出費はなかなか大変です。

いつかリフォームしよう、その時は、綺麗で衛生的なホーローのキッチンにしたいな、なんて夢を描いていましたけれど、とんでもない(笑)
 「一番安いの、最低ランクのにしてくたさい」と、選択の余地もありません。

でも、ガスが正常に燃えないととても危険ですからね。まずは安全が優先ということで、見積もりをしていただきました。

幸い、母が年金から一部助けてくれると言ってくれているので、なんとかなりそうです。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示