ホームモノと向き合う暮らし ≫ お風呂場脱衣所の断捨離をして1年後の状態は

お風呂場脱衣所の断捨離をして1年後の状態は

約1年前にしたお風呂場脱衣所の断捨離、その後のようすです。
断捨離をした後でちゃんとお掃除をしないままになっていたので、写真に撮ると汚れが目立ちます。

1年前の断捨離のようすはこちらです。 → ここはちょっと手強いぞ。お風呂場脱衣所の断捨離。まずは洗面台
お風呂場脱衣所の断捨離をして1年後の状態は

また、夏の湿気で壁にカビが出て来たので、これは早急に対策しなくてはいけないことを確認しました。
お風呂場のカビは気にしていたのですが、ここの洗面所は母しか使っていないので、見落としていました。

スポンサーリンク


二段ワゴンは断捨離をしてカラッポになったまま何も増えていませんでした。
二段ワゴンの断捨離のようすはこちらです。→ お風呂場脱衣所の断捨離。使いかけの化粧品など2段ワゴンの中身を捨てました

お風呂に入った時に着替えを置いたりしてはいるのですが、だいぶ汚れたまま1年間置いてあったので、このワゴン自体を捨てました。

無くなって不便なら、後ほど考えることにして、しばらくはこのままようすを見てみます。

お風呂場脱衣所の断捨離をして1年後の状態は

カラーボックスの中には、1年前に残したシャンプーや洗剤などが入っていました。
カラーボックスの中の断捨離はこちら → お風呂場脱衣所の断捨離。汚れたカラーボックスの中

これくらいは使うかなと思って残して置いたのですが結局1年間使うことはありませんでしたので全部捨てました。

これらの洗剤は、母が買ったものだったので、結局は使わなかったのです。
普段使う消耗品は、どうしても使う本人が気に入って買ったものになってしまいますから、「もしかしたら使うかも」と考える必要はなかったようです。

お風呂場脱衣所の断捨離をして1年後の状態は

1年後の見直しでは、あまりたくさんのモノは増えていません。でも、押し入れなどと違って、お風呂場は毎日人の出入りがある場所ですので、放っておくと、知らないうちにモノが増えてしまう危険があります。

また湿気もこもりやすいので、1年で見直しするよりは、もっと小まめに気を配っておく必要がありました。

今のところまだモノを減らすことが優先で、ちゃんとお掃除が行き届いていないので、スッキリサッパリという感じには至っていません。
断捨離もだいぶ進んできたので、少しずつお掃除にも目を向けていこうと考えています。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示