ホームモノと向き合う暮らし ≫ 在庫を把握しておくことで余計なモノを増やさなくてすむ

在庫を把握しておくことで余計なモノを増やさなくてすむ

断捨離をしていて、我が家にモノが多かった理由を考えてみると、「モノを捨てる」という意識がなかったというのが一番でした。

加えて、家の中にモノがどれだけあるのか把握できていなかったのが、二つ目の理由です。

在庫を把握しておくことで余計なモノを増やさなくてすむ

企業などでは在庫を持ちすぎていると、在庫に税金がかかり、保存する倉庫にも経費がかかり効率が悪いのです。

そこで在庫管理を徹底して無駄を省く努力をしているわけですが、それは個人の家でも同じなんですね。

スポンサーリンク


我が家の場合は、タオル、トイレットペーパー、洗剤、調味料、など、日用品の在庫がどれだけあるのかあまり気にしませんでした。

先日の断捨離で気づいたのが、「どれだけあるのか把握していなかった」ということです。
タオルの在庫で気づいたこと →物置汚部屋になってしまった今は亡き祖父母の部屋の断捨離10回目

また、断捨離をはじめたばかりの頃に、我が家にどうしてこんなにビニール袋ばかりあるのかと驚いたことがありました。本当に「売るほど」出てきたのです。
我が家にビニール袋が多かった理由 →断捨離してると出てくる大量の同じモノ。我が家にビニール袋が多いのはなぜか考えてみました

それもやはり、在庫がどれくらいあるのか把握していなかったために、二重、三重に買ってたまってしまったものなんですね。

在庫を把握しておくために必要なことは以下の通りです。

置き場所を決めて一個所にまとめておく


在庫が家の中のあちこちに散らばっていたのでは、どれだけの量あるのか把握できません。それぞれに置き場所を決めてひとまとめにしておくことで、どれだけの量あるのかがわかります。

在庫数を決めてひと並びにしておく


ひとまとめにしてあっても、棚に無造作に詰め込んであっては量が把握できません。管理できるだけの最大量をおおよそ決めて、一目で把握できるようにひと並びにしておくと把握しやすいです。

消費してから新しいものを買う


消耗品などは使えば無くなりますので、無くなったらまずは在庫から使い、新しいものを買うのは在庫を使い切ってからにします。
今は欲しい時にはすぐに買うことができる時代ですので、早めに在庫を補充する必要はありません。



断捨離途中の我が家には、まだまだモノが多いなというところも多いのですが、断捨離をしながら改善点に気がつくことも多いので、少しずつ理想のお家に近づきたいと思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示