ホーム断捨離実践の記録 ≫ 物置汚部屋になってしまった今は亡き祖父母の部屋の断捨離8回目

物置汚部屋になってしまった今は亡き祖父母の部屋の断捨離8回目

物置汚部屋になってしまった今は亡き祖父母の部屋の断捨離8回目です。

前回は4棹あったタンスの一つ。祖母が使っていた整理ダンスの1つめ、3段目までしました。

今回はその続きです。
前回の断捨離実践はこちらです →物置汚部屋になってしまった今は亡き祖父母の部屋の断捨離7回目

<物置汚部屋になってしまった今は亡き祖父母の部屋の断捨離8回目

祖母の整理タンス2棹は、亡くなった後に母と伯母が遺品整理していたので、あまり物は入っていませんでした。

スポンサーリンク

祖父母の物よりは、父の未使用の服などが少し入っていただけなので、祖母の遺品整理の後で空いたところに母が入れた物だと思われます。

父のポロシャツや、薄い春用の上着、ワイシャツ、ジャージーの運動服などが残っていました。

念のため夫に着るかどうか見てもらいましたが、やはり着ないということなのですべて捨てました。

物置汚部屋になってしまった今は亡き祖父母の部屋の断捨離8回目

たぶん母は、後で夫が着るかもしれないと残しておいたのだと思うのですが、世代が違うと好みも違いますし、体型も違うので、結局着ることはほとんど無いのですよね。

母も、後で私が着るからと言う理由で、たいぶ服や着物を買っていますが(笑) 私は母とは好みが違いますので、母の服を着たいとは思いません。娘のため、息子のためと、本人の了承なく服を買ったり、残して置いたりするのはやめておいた方が良いように思います。

他に、父のお葬式の時にいただいた弔電の束なども入っていました。これも心情的には捨てにくい物ですが、父が亡くなってからだいぶ時間が経っていますので捨てることにしました。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示