ホームモノと向き合う暮らし ≫ ネット通販「送料無料」の罠。ついつい余計なモノを増やしてしまう可能性

ネット通販「送料無料」の罠。ついつい余計なモノを増やしてしまう可能性

田舎暮らしのため、欲しいものがお店に無いことも多く、よくネット通販を利用しています。

最近の通販はとても便利で、ボチッとワンクリックで注文、翌日には自宅に届くという早さ。場合によっては、朝注文するとその日の夜には届くということもあります。
ネット通販「送料無料」の罠。
自宅配送ですから、20分30分かけてお店まで買いに出かけるより楽なのもあって、時間があるとついつい、Amazonや楽天市場のサイトを開いてしまうのです。

通販でのお買い物は、お店で直接買うよりも注意が必要ですね。「ついつい」が重なると、無駄な買い物が増えてしまいます。

自戒を込めて、通販の危険な点を考えてみました。

スポンサーリンク


ワンクリックの簡単注文に注意


なんと言ってもネット通販の便利さは、最初にユーザー登録をしておけばワンクリックで注文できてしまう手軽さ。

パソコン、スマホの画面だけで完結してしまうので、深く考えることなく買ってしまうことも多いです。

それを避けるために、私は一度購入カートに入れた商品をすぐに決済しないことにしています。

少なくとも1日くらいそのまま置いて、気持ちが落ち着いてから見直してみると、感情にまかせて買ってしまったものがあることに気づきます。 

ショップによってはすぐに決済しないとカートが空になってしまう場合がありますが、その時はあらためて必要なものだけを入れ直します。

人は、理性ではなくて、その時の感情で買ってしまうことが多いのですよね。決済の最後のクリックをする前に時間を空けることで、冷静さを取り戻して適切な判断ができるようになります。

あと○○円で送料無料に注意


通販でどうしても必要になるのが送料です。商品価格にプラスして300~700円くらいかかることが一般的です。

通販で危険なのは「あと○○円の購入で送料無料」などの提示があること。

あと700円で送料無料なら、あと一つ何か買っちゃおうか? と、考えるわけです。こうして、断捨離中のお部屋に、さほど必要で無いモノがひとつ増えます。

買ってみたら便利で役立ったのならいいのですが、さほど必要の無いモノですから、結局使わないで置いたままになる、または、捨てるようになる。

送料を無料にするために、○○円の無駄をしてしまうのも、変な話です。

モノを増やさないためには、送料を支払うことは必要経費と考えるべきだと思うのです。
送料がプラスされるのは嫌という場合は、やはり、リアル店舗で購入するのが一番問題ないです。

あわせ買いに注意


Amazonでは、価格が低めの商品は「あわせ買い」対象商品というのがあります。欲しい商品1つだけでは注文できなくて、他の規定価格以上 (例えば1500円以上など )の商品と一緒なら購入できるというもの。

私は猫用品をAmazonで購入することがあるのですが、合わせ買い対象商品で買うのをあきらめることがあります。

そうなのです、いくら欲しくても、合わせ買いのために支払い金額を無理に増やす必要はないのです。無理に買う商品なんて、手元にあっても無駄になるだけですものね。

どうしても欲しい時には保留しておいて、後で必要なものを買う機会に一緒に注文します。

ポイント○倍に注意


楽天市場ではよく、ポイント3倍セールなどのイベントを開催していることが多いです。個々の商品だけを特にポイントアップしていることもありますね。

私もそうなのですが、結構ポイント集めは楽しいのですよね。いつもより多くポイントがつくとなると、「ポイント5倍になるから買っちゃおうかな」と、購入ボタンをポチッとしてしまいます。

それは、余分な出費になりませんか? 不要なモノを増やすことになりませんか? と、言うことですね。

何しろ、ワンクリックで簡単に操作できるので、あまり考えずに気軽に買ってしまえるのです。

お買い物はポイントのために買うのではなく、その商品が必要だから買うということを確認しましょう。

この商品を買った人はこんな商品も買っていますに注意


欲しい商品の下の方に、他の人はこんな商品も買いました、とか、こんな商品も見ています、など、関連商品が表示されていることがあります。

「へぇ こんな商品もあるのか」と、参考になって便利ではあるのですが、反面、予定外の商品を買ってしまう可能性も秘めています。

気持ちが動いた時には、今、本当に必要で購入したいものは何か、落ち着いて考えてみましょう。



これらのしくみは、企業側の販売戦略です。より多くのものを紹介してお買い物を楽しんでもらおう、たくさんのものを買ってもらおうとするのは、企業として当然のことです。

でも、購入側が全面的にそれに乗せられてしまうと、余計な出費になり、いらないモノが増え続けてしまうのですね。

ネット通販でお買い物をする時には、何が欲しいのか、買うものをある程度絞ってからにすること、その時の感情で無意識に買わないということが大切です。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示