ホーム断捨離実践の記録 ≫ 物置汚部屋になってしまった今は亡き祖父母の部屋の断捨離7回目

物置汚部屋になってしまった今は亡き祖父母の部屋の断捨離7回目

物置汚部屋になってしまった今は亡き祖父母の部屋の断捨離7回目です。

前回までで、畳の上にあったモノは無くなったので、今回からタンスの中身にとりかかりました。
前回の断捨離はこちらです →物置汚部屋になってしまった今は亡き祖父母の部屋の断捨離6回目

物置汚部屋になってしまった今は亡き祖父母の部屋の断捨離7回目

部屋の中にタンスは4棹あります。全部がもともと祖父母が使っていたものではなく、亡くなった後で物置に使うため、母が入れたようです。

スポンサーリンク


今回は祖母使っていた整理タンス1つめに取りかかりました。一番上から3段目まで。ここには、着物用の下着、足袋、風呂敷などがゴチャゴチャと。それからまだ仕立てていない反物が2つ入っていました。

反物は綿なので、(私にはあまり知識はありませんが)さほど高級品ではなさそうです。普段着にするようなものなのかなと思います。とりあえず、リサイクルできるかもしれないので残すことにして、それ以外はすべてゴミ袋へ入れました。

物置汚部屋になってしまった今は亡き祖父母の部屋の断捨離7回目

暑くなってきたので、エアコンのない汚部屋にこもって断捨離をするのはつらくなってきました。作業していたのは20分ほどでしたが、短時間でもだいぶ疲れます。

夏の間は無理しない程度にこれまでよりももっと短時間煮区切って断捨離して行こうと思っています。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

Re: タイトルなし

> 矢田さん
コメント、応援ありがとうございます。
遺品整理はだいぶ時間がかかりますね。

くき | 2016.07.15 09:33 | URL


うちも遺品が結構残っています。
応援しておきました、ポチッ。

矢田@医療職兼業トレーダー | 2016.07.13 23:20 | URL














管理者にだけ表示