ホームモノと向き合う暮らし ≫ 断捨離して捨てても困らなかったもの

断捨離して捨てても困らなかったもの

1年以上断捨離をしてきて、数え上げられないほどのモノを捨てたりリサイクルしたりしました。

まだまだ終わりは遠いのですが、かなりモノは少なくなって、お部屋や物置に空いたスペースが増えました。
断捨離して捨てても困らなかったもの
これまでモノを捨てて後悔したことがあるかと言うと、ほとんどありません。

お針箱を捨ててしまい針と糸を買い直したのと、小さい「お玉」を捨てて不便だったので、100円ショップで1本買ったのと、間違って手放してしまった『典座教訓』の入門書590円を買い直したくらいです。

スポンサーリンク

もともと現役で使っていたモノでなく、使わないまま詰め込んでいたものが多かったせいなのですが、これまでは、使うこともなくて、無くても全然困らないものに囲まれて暮らしていたのですよね。

私が捨てても困らなかったものをご紹介してみます。


本を読むのも買うのも趣味でしたから、本棚に溢れていた本を断捨離するのはつらいだろうと思っていました。

でも、古本屋さんに買い取ってもらうことで、捨ててゴミにしてしまうのではなく、誰かが読んでくれるかもしれないという希望をつなげることができて、手放しやすくなりました。

希少本でもなければ本は売ってもいくらにもなりませんけれど、私にとっては、ただ燃やしてゴミにしてしまうよりはずっと良かったのです。

そして、断捨離した後で、手放さなければ良かったと後悔したかというと、まったく平気でした。長年読み続けていたシリーズものの愛読小説さえ執着は残っていません。

読みたければまた買えば良いという開き直りもありますし、もう二度と手に入らないような本は持っていませんでしたから、そのせいもあるのかもしれませんね。

現在も月に1~2冊、必要な本は買っていますが、昔ほど一度にまとめ買いすることはしなくなりました。できるだけ電子ブックリーダーで読むようにして、モノとしての本は増やさないようにしています。

洋服



洋服などのファッションについてはもともとあまり執着を持っていなかったので、捨てる時にも迷うことはありませんでしたし、捨てた後に後悔したこともありません。

私が詰め込んでいたのは、もう着なくなった服ばかりだったのもあって、捨てやすかったことも大きかったのでしょう。

田舎住まいなので、必要な服の数がすくなくて良いというのもあるかもしれません。
その人それぞれの環境によって、必要な服は違いますから一概には言えませんけれど、体はひとつしかないので(笑) 必要な服の数はそれほど多くないのです。

でも、無理に必要最小限にする必要はなくて、現在着ている服なら、お気に入りの服を何着か持って楽しむのも良いのです。大好きな服を着てお出かけするのはワクワしますものね。

その代わり、何年も着ていない服や、着られなくなった服は整理しておくことで、現役の服がより目が届くようになって、お手入れもきちんとできるのではないでしょうか?
服を捨てる基準について書いた記事はこちらです →服を捨てる基準。暖かくなって来たら服の断捨離をするチャンスです


食器


食器の断捨離をした後も、後悔はしませんでした。我が家で使っていた食器のほとんどが、冠婚葬祭の引き出物でいただいたものばかり。愛着があって欲しくて購入したものが無かったせいもあるかもしれません。

それでも、断捨中はいくつか、捨てがたくて取り置いたものもあります。でも、結局はその後考え直して手放しました。

洋服と同じように、日常使う食器はさほど多くありません。たくさんの食器を棚いっぱいに並べておくよりは、お気に入りの食器を使うだけ持っていた方が嬉しいように思います。

我が家の場合は、まだいただき物の食器から離れることはできていませんが、いつか、余裕がでてきたら、現在使っているものを手放して、家族分のお気に入りの食器を買いたいと願っています。

コレクション・収集品



私が捨てがたかったものは、昔コレクションしていたタロットカードと、手作り教室で学んだ時のレシピファイルでした。執着の強いモノ、思い入れの強いモノはなかなか捨てる決心がつきません。

納得して手放せるようになるまでは、1ヶ月、2ヶ月と時間がかかりました。ずいぶん迷いましたし、捨てないことにしようと思ったこともあるのですが、結局、最後には気持ちとの折り合いをつけて捨てました。

自分でも不思議なくらいコレクション品への未練は残りませんでした。手放しても特に生活が変わるわけでもないので何も変わらなかったのです。



私の場合は、ですが、捨てて失敗したと考えたことはほとんどありません。それよりもモノが少なくなったスッキリ感や、ゴチャゴチャしたお部屋が片付いてきたという気持ちの良さの方が影響が大きいです。

捨てるか捨てないかはご自分が決めることです。今すぐ捨てられないモノは少し時間をかけても構いません。ご自分の判断を信じて、モノと向き合ってみてください。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

Re: タイトルなし

> nooさん
ご訪問とコメントありがとうございます。
売れば、誰か他の人が使ってくれると思うと手放しやすくなりますね。
私の場合、捨てる時に迷ったものでも、
その後後悔したことはほとんどありませんでした。
そのせいか、あまり迷わず捨てられるようになったと思います。

くき | 2016.07.13 23:05 | URL


断捨離で捨てても困らないものとても参考になりました。
先日大量の本を売って断捨離した気になつていたのですが
まだまだ処分出来そうなものってあるんですね。
食器!確かに使っていないものがたくさんあります。
http://jgssse.jp/tableware/
早速、食器買取業者なんてのもあるみたいだったので
使っていない食器を処分しようと思いました!

noo | 2016.07.12 16:59 | URL














管理者にだけ表示