ホームモノと向き合う暮らし ≫ 服の断捨離で迷ったら着てみると現実がわかる

服の断捨離で迷ったら着てみると現実がわかる

服の断捨離をしていると、捨てようか残そうが迷う人も多いと思います。

思いでの服だから、高かったから、お気に入りだから、と、色々な理由で手放せないのですよね。
服の断捨離で迷ったら着てみると現実がわかる
先日、物置部屋に掛かっていた母の上着を何枚か捨てた時に、それを母本人が目にして猛烈に抗議してきました。

私のものではないので、どうしても捨てたくなければ残そうかとも思ったのですが、もう何年も着ること無く部屋に掛かったままだった服なので、着られるかどうか「着てみて」と頼んだのです。

着てみて、これから着られれるようなら残すからということにしました。

その結果どうなったかというと?

スポンサーリンク

これは色が派手すぎる。若向きのデザインて今は似合わない。なんだかちょっと窮屈、と、あれこれ理由をつけて、結局はこれからも着ないということになりました。

それでも尚、捨てるのはもったいないと言い張りましたが、着ない服をここに掛けたままではホコリだらけになるだけ、着るなら残すけど、着ないのなら捨てると言って結局は捨てました。

病気のせいもあって、捨てたことはまったく覚えていないので、捨てても全く支障は出ていません。長年着なかった服というのは、そんなものなのですよね。
服を捨てる基準について書いた記事はこちらです。 →服を捨てる基準。暖かくなって来たら服の断捨離をするチャンスです

服を捨てる時に迷ったら、実際に着てみると良いですよ。

ずっと着ていなかった服は、思い出の中でイメージが膨らんで、とても大切な服に思えてしまうことがあるのですね。

着てみて、自分にとても似合っていてステキだなと思ったら残しておけば良いです。大切にクリーニングして、ぜひ頻繁に着て楽しんでください。

でも、長年着ていなかった服というのは、過去と現実とのギャップに違和感を感じてしまうことが多いのです。実際に服を着てみて現実を直視してみましょう,。

服が傷んでいませんか?


着ること無く長年放置していた服は、いつのまにか傷んでいることもあります。着てみて、ほつれや、汚れ、黄ばみ、虫食いなどを確認しましょう。

痛んだ服をそのまま着るのは見た目にも良くありませんし、あえて着ることもないでしょうから、手放す決心がつくと思います。

服のサイズは合っていますか?


何年も同じ体型が維持できていれば素晴らしいことですが、やはり時間とともに変わって行くのが普通です。 

服のサイズが合わなくなって、着られなくなっていたら、手放すことを考えましょう。

服のデザインが古くなっていませんか?


はやりすたりの無いオーソドックスなデザインの服なら着られるかもしれませんが、トレンドは毎年変わりますので、数年もしたら、昔の服は古くさく感じられてしまうものです。

流行は繰り返されるとは言いますけれど、やはり10年前の流行と、現在の流行を比べると、昔のデザインのほうが古い感じは否めません。

流行に敏感なおシャレな人ほど、古い服は手放して、今流行しているオシャレを楽しんだ方が良いと思います。

年齢に合わなくなっていませんか?


服には「年相応」ということがあります。年を重ねた人は、若者が着るような服を着ていると不似合いな感じがします。

デザインや色、着ていく場所によって変わるとは思いますが、昔の服が今の自分の年齢にふさわしいのか確認してみてください。



服が手放せなくて迷った時には、ぜひ実際に着てみ確認してみてください。少し時間と手間はかかりますが、納得して捨てることができるようになlります。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示