ホームモノと向き合う暮らし ≫ コンビニは自宅の冷蔵庫?お店を倉庫にして家のモノを減らす

コンビニは自宅の冷蔵庫?お店を倉庫にして家のモノを減らす

最近の若い独身男性の中には、自宅に冷蔵庫を持たない人がいるのだとか。自炊はせずに外食またはコンピニで済ませるので必要がないのです。
コンビニは自宅の冷蔵庫?
確かに、食材を買ってきて1人分だけ作るのは無駄が出て効率が悪いです。

最近のコンピニは1人分のおかずやお弁当が色々売っているし、揚げ物だけでなく野菜も充実していますから、自炊をしない方が経済的かもしれません。

近くのコンビニを自分の冷蔵庫代わりに使っていて、必要があればコンビニに取りに行く(買いに行く)のだそうです。

それを聞いて、ちょっと思ったのですが、発想の転換をすることで、家の中のモノを手放せるのではないだろうか、と。

スポンサーリンク


コンビニであったり、スーパー、ホームセンターであったり、服やバッグ、靴などファッションのお店は、家の外にモノを保管しておいてもらう倉庫だと考えたらどうでしょうね。

お店は我が家の倉庫なのだから、たくさん手元に置かなくても、必要になったら倉庫へ取り (買いに) に行けばいい。

そう考えてみると、気が楽になってモノへの執着から少し離れられるような気もします。

そして、使わなくなったもの、使えなくなったものは、リサイクルショップやゴミ処理場へ返却する。

倉庫(お店)→ 自宅→ 倉庫(リサイクルショップ)という流れができれば、モノは必要な時だけ我が家にやってきて、また出て行き、家の中にたまることがなくなります。

家に入ってきたモノが外へ出て行かないから、モノがあふれてしまうのです。家の中のモノを循環させて良い流れを作ってやればいいのですね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示