ホームモノと向き合う暮らし ≫ 紙類は捨てやすい。まず身の回りにある紙から捨ててみよう

紙類は捨てやすい。まず身の回りにある紙から捨ててみよう

お部屋の中で散らかりやすいのが「紙類」です。

ついついためこんで気がつくと山積みになっていたりして。それも、整然と重ねてあればいいのですが、適当に重ねて行くものだから、向きはバラバラ、時には滑り落ち足りして、乱雑になっていたりして。
紙類の捨て方
かつての我が家です。今でもそういう傾向はあるのですが、以前よりは改善してきてるかなと思います。

断捨離する時に、紙類は比較的捨てやすいです。その気にさえなれば、あまりこだわりなく捨てられるのではないでしょうか? 

これからモノを減らして行こうと考えていらっしゃったら、まずは捨てはじめに、お部屋にある「紙類」に目を向けてみましょう。

スポンサーリンク



レシート、納品書、領収書・明細書、のなどの伝票


お買い物をした時に渡されるレシート、納品書や領収書、銀行から送られてくる明細書などの伝票など。お財布や引き出しに溜め込んでいませんか?

税金の申告等に必要な場などはこの限りではありませんが、そうで無い場合は確認したらもう必要ないことが多いです。

家計簿などに記録したら潔く捨ててしまっても大丈夫。

それでも気になるという場合は、1ヶ月間だけ残して置く、半年だけ残して置くなど期間を決めてとっておき、期間が過ぎたら捨てるようにします。その時は、雑然としないように、いつも入れておく引き出しやファイルを作っておいてください。
伝票書類の捨て方についての記事はこちらです。 →明細書、領収書、ダイレクトメールなど伝票書類の捨て方。そのまま捨てていいの?

ダイレクトメール・広告


ダイレクトメールや、町で配られていた広告チラシなども、長いこと取っておく必要はありませんね。

後で捨てようと重ねておくと、いつのまにかたくさん溜まってしまいますので、中を確認してその場で捨ててしまいましょう。
DMの捨て方について書いた記事です →ダイレクトメール(DM)の断捨離はポイ捨てが基本

ハガキ・年賀状


近年は手紙を送ることは少なくなりましたが、お知らせや招待のハガキや年賀状は届きます。

せっかくいただいたのだから、相手の気持ちがこもっているからと、捨てにくいこともありますが、届いて読んだらもう役割を終えています。相手の気持ちもちゃんと伝わりましたよね。

それに、1年のあいだに、読み返すことがあるかと考えると、どうでしょうか? 年賀状を読み返すことなんてほとんどないように思います。

住所などは必要ならばノートなどに書き写しておけば良いので、いつまでも取っておかずに散らかる前に早めに捨てましょう。

新聞、チラシ


新聞は配達契約をしていると、毎日届くものです。1ヶ月捨てないでためておくと結構なボリュームになりますね。

私が幼稚園、小学校低学年の頃は、お弁当箱を新聞に包んで通学したり、卵が割れないように新聞紙に包んでお店で売っていたりしました。そういえば、新聞紙を切ってトイレットペーパーとして使っていたお家もありました。昔のことです。

今は、そんなことに新聞紙を使うこともなくなりましたから、取っておいても、あまり使い道がなくなっています。でも、食用油の処理やお掃除などには使いますので、少しは置いていてもいいかなと思います。

でそれでも山積みにしておくほどは必要がないですよね。1ヶ月分だけ残して置いて、後は捨てるなど、残す量を決めて、それ以外は処分してしまいましょう。

私のところでは、新聞屋さんが集金に来た時に、1ヶ月分の新聞ををリサイクルとして引き取ってくれるので助かっています。

メモ書き、ノート


電話を受けた時にメモした覚え書き、お買い物リストなど、細々としたメモ書きも、捨てないでいると、お部屋のあちこちに放置されて散らかりの原因になります。

ノート類は書いてある内容によるかもしれませんが、書き終わって棚に立てて置くだけのノートは本当に必要なモノでしょうか? 何年も手にとって中を見ることないノートは処分を考えましょう。

取り扱い説明書


家電やIT機器などを購入するとついてくる取扱説明書。何冊も重なっていませんか? 現在使っているものの説明書ならともかく、先代、先々代のまで大事にとってあったりしませんか?

まずは、使うことのない古い取扱説明書は今すぐに捨てましょう。

現在使っているものの説明書も無くても困らないものが多いはずですので、お家の事情によって選択して必要最小限にしてみてください。

最近はメーカーのサイトで説明書が見られるコトが多いので、確認しておくと良いかもしれませんね。

雑誌・パンフレット


雑誌は定期購読していると、特に溜まりがちです。新聞と同じで、一度読んだら何回も繰り返して読むことは少ないと思います。本棚に立てて置くとどんどん増えて、本棚一杯になってしまいます。

基本的に雑誌は読んだらすぐに捨てるのがオススメです。捨てられない場合は、3ヶ月保存したら捨てるなど期限を切って整理しましょう。

最近は、スマホアプリなどでも雑誌が読めるので、雑誌を買わずにスマホで読むという選択肢もありますね。



数え上げてみるとかなり色々な紙がありますね。
紙類は可燃ゴミで簡単に捨てられますから、身の回りにある紙を一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

筆子さんの『1週間で8割捨てる技術』に紹介されている方法、「15分で27個捨ててみる」チャレンジを紙に限定してやってみるのも良いかもしれませんね。
15分で27個捨ててみるチャレンジについてはこちらで書いています。 →筆子・著『1週間で8割捨てる技術』第2章を読んだ感想

断捨離は捨てやすいところからスタートして習慣にしてしまうのがいいのです。

今日はお財布の中のレシートを捨てる。食卓の上にあるDMを捨てるにど身近なところから取り組んでみませんか?

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示