ホームモノと向き合う暮らし ≫ 断捨離しよう。負の財産を子供に残さないために

断捨離しよう。負の財産を子供に残さないために

片付けやすい場所から断捨離をしてきたので、現在、断捨離しにくい場所ばかりが残っています。

ホコリを被ったモノばかりが雑然と詰め込まれた物置、何十年も着ていない母の服が詰まった納戸。3.11の震災で棚から落ちたモノがそのままになっている屋根裏物置。
断捨離しよう。負の財産を子供に残さないために
これまで継続して来られているので、少しは作業にも馴れて、手強い汚れ空間にも立ち向かえるだけの力がついてきたかなとは思うのですが、時々、無性に腹立たしくなる時があります。

スポンサーリンク


どうして、「こんなになるまで、モノを詰め込んだままにしておいたの?」 と、祖母や母がモノを捨てなかった結果を眺めながら叫びたくなるのです。(自分のズボラぶりを棚に上げてますが)

もっと小まめに片付けをしてくれていたら、今になって、まとめて苦労することもなかったのです。使わないものは、その都度捨ててくれていたら、こんなにもモノがあふれる家にはなっていなかったのです。

捨てるのがもったいないから、後で使うかもしれないから、捨てるのが面倒臭いから、捨て方がわからないから、とりあえず置いておこうと詰め込んだものが今に至り、娘に負担を強いているじゃないのか?

と、まあ、祖母や母にしたら理不尽に思うかもしれないいらだちを感じるわけです。

よく考えてみると、そのいらだちは、私の後に続く子供や孫、ひ孫が感じるいらだちでもあります。

金銀ダイヤモンドなどの貴金属や、預貯金などがザクザク詰まっているのなら別ですが(笑) ホコリだらけで使うことの無いものばかりを残されても、子孫は手間ばかりかかって困るわけです。

祖母や母は、モノを溜め込んでおくことで子孫に負担をかけるだろうとは考えもみなかったとは思うのですが、結果的に、これまでモノを捨てなかったツケを私が支払うことになってしまったわけです。

私の場合は子供がいないので、誰が後を片付けてくれるかはわかりませんが、妹か甥っ子かもしれませんね。

自分が詰め込んだモノを、子孫に片付けさせてはいけません。自分が生きているあいだに、自分の手で始末をつけるべきです。

そのためにも、できるたけ早いうちから断捨離の習慣をつけて、モノの少ない生活をして行くことを考えてみるべきだなと思うのです。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

Re: ひよこ奥さん

> ひよこ奥さん
今は核家族が増えていますから、遺品整理は問題になりますよね。
後に残る人のためにも、
持ち物はできるだけ少なくしておいた方が良いと感じ始めました。

くき | 2016.05.18 10:00 | URL


ものすごく納得です。

今、いとこがおじさんおばさんの家を片付けてます。
おばさんは阪神大震災の年に、おじさんは8年前に亡くなりました。
その後、持ち家でもあることから残してあったんですが、空き家を放置しておいてもご近所に迷惑がかかるということで片付けることになりました。
私も少しお手伝い、というようなものではありませんが、業者さんとの見積もりの時に行ったりし、片付けは本当に大変だと実感しました。
自分でできることはできるだけやっておかないと、ですねえ。
でも今ここにある物すら片付けられない自分の性格、ためいきです。
うちも子供がいないので、私とクマ旦那さんに何かがあったら、誰か、甥っ子か姪っ子か、それとも他の誰かがまとめてゴミにするしかないんですよね。
それだったら、自分の手でなんとかしていきたいものです。

ひよこ奥さん | 2016.05.16 20:30 | URL[ 編集 ]














管理者にだけ表示