ホームモノと向き合う暮らし ≫ モノをふやさないために日常できることは何か、汚部屋化する前に対処すれば楽です。

モノをふやさないために日常できることは何か、汚部屋化する前に対処すれば楽です。

我が家の地下室物置といい、押し入れといい、汚部屋、汚空間と化した場所の断捨離はとても時間がかかります。

汚部屋化してしまったらしかたがないので、覚悟を決めて少しずつ解消する努力をしなくてはなりません。
モノをふやさないために、日常できること
でも、できるなら、そうならない前、モノが増えすぎない状態の時に早めに対処した方が簡単にできます。

モノをふやさないために日常できることは何か考えてみました。

スポンサーリンク


無意識に買わない


必要の無い無駄なモノを買っていないか、生活を見直してみましょう。

何か欲しい、買いたいと思う時、理屈で考える人は少なくて、感情で買ってしまうというところがあります。CMや広告なども、消費者の感情を刺激するようなものが多く、なんとなく衝動的に買ってしまうことも多いのですね。

私は近所のお店で手に入らないものをネットで購入することが多いのですが、そうすると、ついつい予定していないモノまで買ってしまって、「何でこんなもの買ってしまったのだろう」と、後で反省したりします。
モノを増やさない買い物のしかたはこちら →ものを増やさない買い物のしかた。断捨離してもものを増やしては意味がない。

あまり厳密に考えることもありませんが、できる限り無駄な買い物を減らすことが、モノ全体の量を減らすことにも繋がります。

おおよその置き場所を決めておく


モノの置き場所を大まかに決めておいて、使ったら必ずそこにもどすことで、現在あるモノが把握できます。
モノの定位置を決める記事はこちら →部屋を片付けるにはモノの住所を決めると良いと言うけれど

モノが把握できていれば、同じものを何回も買ってきたりして余計なストックを増やさなくてすみます。

置き場所を決めておくことで、捜し物をすることも少なくなりますので、時間の節約、ストレスの軽減にも繋がります。

所有するモノの数を決めておく


持っているモノの数をそれぞれ決めておいて、それ以上増えないようにすることで、モノが増えるのを防ぐことが出来ます.。

たとえば、我が家の場合、食器は家族分3枚( 個)まで。ストックはプラス1個。食材を買う時は1パックまで。等々。他にも日常着ている服の数、下着、靴下の数なども必要な数で維持するようにしています。
モノの数を増やさないためにすること →汚部屋にしないための原則は、出してから入れる

そして、数が足りなくなった分だけ買い足すことで、いつもほぼ同じ数のモノに収まります。同じタイプの新しいモノを買うときには、古いモノは捨てて入れ替えるようにする、など、少しだけ気を付けることで、極端にモノが増えることはなくなります。

ためないでその都度捨てる


断捨離前の私は、使い終わったモノでも捨てないで取ってあることがよくありました。

空になった化粧品のボトル、使い終わったティッシュペーパーの箱、殻の歯磨きチューブなど。取っておいても意味の無いモノを、なぜかたくさん集めていました。

何に使うという目的も無いのに、捨てるのが面倒だから、なんとなく捨てなかったのです。

こういう明らかなゴミは、断捨離する時に真っ先に捨てやすいモノです。一度身のまわりを確認して、意味も無く捨てないでいるガラクタを探してみてください。

そして、使い終わったものは、その時点ですぐに捨てる習慣をつけましょう。後で使うかもしれないと、空き瓶や空き箱を取っておいても、あとで使うことはまずありません。

もしも取っておくなら、1つだけにして、残りはすぐに処分してしまってください。

定期的に確認する


自分で作ったルールは、決心した当時は守っていても、時間が経つと忘れたり、面倒になったりしてナアナアになる可能性があります。

時々、思い立った時でも構いませんので、ご自分の決めたルールができているのか確認してみてください。定期的にチェックすることで、続けることができます。



わしたちがモノを増やさないためにできることは、一言で言うと「自分のモノを把握して管理」するということです。

自分で把握できないほど、管理できないほどモノがあふれてしまった時に「汚部屋」はできあがります。

そうなる前に、身の回りのモノと自分の関係を見直して、快適な空間が維持できるような習慣作りを心がけたいものですね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示