ホームモノと向き合う暮らし ≫ 断捨離に挫折するための7つの方法

断捨離に挫折するための7つの方法

お部屋をスッキリさせたいと断捨離をはじめても、なかなかうまく行かないと悩んでいませんか?
断捨離に挫折するための7つの方法
せっかくはじめようとしているのに、考え方、やり方がズレていると思うように行かないこともあります。

以下の7つの行動を取れば必ず断捨離に挫折できます。「挫折したいのなら」ですが。

スポンサーリンク


行動しない


断捨離しようという気持ちはあるのに、体が動かないということがあります。考えているだけで行動に移さなければ、当然断捨離をすることはできません。

「明日からやろう」なんて、先延ばししていると、明日は永遠に来ませんよ。断捨離すると決めたら、今、この瞬間から動き始めましょう。

自分に言いわけをする


だって忙しいから、だって時間が無いから、など、何かと理由をつけて言いわけしていては、先へ進めません。

断捨離は誰のためでもなく、ご自分のためにするのですから、自分に言いわけする必要はないのです。あれこれ自分に言いわけを並べるくらいなら、いっそやらないことにしてしまった方が簡単でしょう。

断捨離を決意したのなら行動あるのみです。

モノを移動させているだけ(捨てない)


片付けようと行動するのは良いのですが、最初からモノを収納しようとすると、移動させただけで断捨離になりません。

なぜなら、収納するだけではモノの数は減らないからです。モノが多い状態で部屋を整えようとするのは、とても大変な作業になります。

断捨離はまず、モノを減らしてから収納を考えます。モノが少なければ、モノ全体に目が行き届き管理しやすくなります。

難易度の高い場所からはじめている


断捨離をしてモノを減らす(捨てる)時に、捨てるのが難しいモノからはじめてしまうと、捨てるのがつらくてなかなか進みません。

捨てにくいモノとは、思い出の品や、大切に思っている品、貴重品など。まだ、断捨離をしてモノを選択する力がついていないうちに、捨てにくいモノを捨てようとすると、「つらいからもう止めた」になります。

断捨離は、明らかなゴミとわかるようなモノ、思い入れの少ないものからはじめて、少しずつモノを選ぶ力を鍛えて行きましょう。断捨離が進んで行くにつれて難易度の高いモノにも向き合うことができるようになります。

今すぐの結果を求める


人は、何かをはじめたら、今すぐに結果が欲しいのです。思うような結果が出ないと、できないと投げ出してしまいます。

最初からモノが少ないお部屋なら、1~2時間ですぐに片付くかもしれませんが、断捨離しようと決意するようなお部屋は、何日、何ヶ月、場合によっては、何年というスパンで考えなければなりません。

長期間の断捨離を成功させるためには、無理の無い計画を立てて少しずつ。日常の習慣にしてしまうと継続しやすくなります。

一気に全てやろうとしている


断捨離をはじめると、モノや空間に対する意識が育ってきて、これまで気づかなかったことに気づくようになります。

そうなると、あそこもしなくてはならない、ここもしなくてはならない、と、やるべきことがたくさん見えてくるものなんですね。

あれもこれも全てを一気にやろうとすると、焦る気持ちが先立って疲れてしまいます。

複数のことを同時に色々しようと考えないで、シンプルに、一つずつ確実に作業して行きましょう。

モノを減らす以上に増やしている


断捨離してモノを減らしているのに、それ以上のものを買って、家に入れていたら、いつまで経ってもお部屋は片付きません。

理屈ではわかっているつもりでいても、長年の習慣から、無意識にモノを買ったり、収拾したり、もらったりしてしまいます。

「このモノは本当に必要なのか」家に入れる前によく考える必要がありますね。

衝動買いはしない。ストックを減らす、おまけや景品はできるだけもらわない、いらないモノを増やさないためには、ごじぶんの生活を見直すことが必要になります。



挫折したいと思って断捨離をはじめる人はいないでしょうけれど、最後まで行き着かず、途中で止めてしまう人はいます。

断捨離は自分だけの問題ですから、別に挫折したって構わないのですよ。お部屋が片付かないだけで、他の誰にも迷惑はかかりません。

でも、せっかく、決意してはじめたことですから、なんとか理想のお部屋を手に入れたいじゃないですか? 

挫折しないで続けたいのなら、ここでお話した7つのことはしないように心がけてください。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示