ホームモノと向き合う暮らし ≫ 片付けられない汚部屋の住人は太っていることが多い

片付けられない汚部屋の住人は太っていることが多い

片付けられない汚部屋の住人は、肥満傾向にある人が多いのだとか。自分のことを考えると、ドキッとしてしまいます。
片付けられない汚部屋の住人は太っていることが多い
子供の頃からふっくらタイプで、太ったり痩せたりをくりかえしてきましたが、おおむね太っている時期の方が長かった(汗)

若い頃は太っていることがコンプレックスで、それでも強がって平気なふりをしてきました。最近は、開き直ったというか、結婚しちゃったので、男性を惹きつける必要もなくなって昔ほどは気にしなくなりました(笑)

そういう過去の自分をかえりみてみると、汚部屋の住人が太る理由は以下のようなものがあります。

スポンサーリンク


体を動かさない


小まめに体を動かすことができない、または嫌いなので、床にものが落ちていても、かがんで拾うこともしないし、ゴミを捨てるのも面倒で置きっぱなしにします。

日常生活の中で、片付けをすることはエネルギーの消費になります。1回の動作は軽くても、小まめに何回も片付ければ、それだけ運動になっているのです。

ある意味、意識してダイエットなどをしなくても、いつもくるくる動き回って片付けや掃除をしていれば太ることは無いのでしょう。

神経を使わない


床にモノが落ちていても、部屋が散らかっていても気にならないということは、細やかに神経を使っていないということになります。

太っている人が、大らかで包容力があると言われるのは、神経質でないからかもしれませんが、神経を使わなすぎると汚れた環境に無頓着になります。

性格はなかなか変えることは難しいかもしれませんが、少しずつでも、身の回りの散らかりに注意を払っていければ改善して行きます。

汚部屋にいるとストレスが溜まる


散らかった部屋に馴れていたとしても、汚部屋に暮らしていると、知らない間にストレスが溜まります。

コルチゾールというストレスホルモンがあるそうで、このホルモンが、食欲を増やしたり、体に脂肪をためやすくします。

ということは、汚部屋にいるだけで、太りやすくなるということです。

女性の場合は、片付けられないこと自体にもストレスがかかります。「片付けもできないダメな女」と自己嫌悪におちいることもありますよね。

環境も、自分の心も鬱々とスッキリしない中で暮らしていては、コルチゾールがたくさん出てしまいます。自分をダメな私と責めないで開き直ること、それから、少しずつお部屋の改善をして行きましょう。



コルチゾールというホルモンの存在によって、「汚部屋にいるだけで太る」ことを知った時は、ちょっと衝撃的でした。

でもそれならば、お部屋を片付けてスッキリさせることでダイエットにつながるのですよね♪ 

お部屋が片付いているとストレスも軽減されてリラックスできるようになりますから、健康のためにも断捨離するのが良いのですね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

Re: つっちーさん

> つっちーさん
私も、知った時はドキッとしましたよ。
でも、思い当たることがありすぎて納得(笑)
少しずつでも片付けていれば、お部屋も自分もスリムになれますね。

くき | 2016.04.22 07:53 | URL


タイムリーでした。

こんにちは。

昨日ちょうど夫と同じこと話していました。

お部屋がだらしない人って
生活もだらしないから太ってくる。

ドキーッとしながら聞いてましたヨ。^^;

私のへやも物が多いので
ほんとストレス溜まる前にすっきりさせなきゃ!

タイムリーな投稿は何かのお告げ。(笑)
ちょっとずつ、出来る所から始めます。^^

つっちー | 2016.04.20 13:54 | URL














管理者にだけ表示