ホームモノと向き合う暮らし ≫ 服を捨てる基準。暖かくなって来たら服の断捨離をするチャンスです

服を捨てる基準。暖かくなって来たら服の断捨離をするチャンスです

4月に入って、ようやく春らしい日が続くようになってきました。まだ肌寒い日もありますけれど、なんだか、春はうずうず、動きたくなりますね。

こういう気分の時は、断捨離をはじめるのに良いチャンスです。

春、暖かくなって来たら服の断捨離をするチャンスです

私は手始めに、かなり着倒してヨレヨレになった部屋着を捨てました。ついでに冬物の服の断捨離をしようかなと思っています。

服と言っても、古い服はかなり断捨離して捨ててしまったので少ないのです。でも、普段着は消耗品なので、新しい服を買ったら古いのは捨てます。

スポンサーリンク


田舎暮らしなので、おしゃれ着はほとんど持っていません。トレーナーやスラックスなどの野良着(普段着)ばかり。ですので、2~3枚を洗濯しながらギリギリまで着ています。

以前は、古くて着なくなった普段着さえも捨てずに、ダンボール箱などに詰めて溜め込んでいました。そういうものは捨てるのだということにさえ思い当たらなかったですよね。

今考えると、とても不思議なのですが「私の辞書には捨てるという言葉は無かった」のでした。

断捨離をはじめてからの服を捨てる基準は「ヨレヨレ」「色あせ」「破け」です。

さすがに、実際にそうなってから着ているのは気になるので、少し手前のところで捨てる決断をします。

町の洋品店などで、ごく普通の服を買うので、およそ一季節着れば、もうじゅうぶんに着たかなというくらいになります。そのため、たいてい季節の変わり目で見直します。

都会暮らしの方や、お勤めされている方は、さすがにそういうわけにはいかないと思いますけれど、持っている服を厳選して少ない数を着回すことで、クローゼットの中がゴチャゴチャせずに暮らせます。

では、実際に、どんな服を捨てたら良いのか、ですが、自分なりの基準を作っていくと良いですね。

「ヨレヨレ」「色あせ」「破け」た服は捨てる


当然ですけれど、もう十分に着て古くなった服は捨てましょう。

お若い方ならヨレヨレもファッションと言う場合もありますけれど、ある程度年を重ねてからは特に、くたびれて汚れた印象になってしまいます。

高級品である必要はありませんが、清潔な印象を与える服を選びたいものです。

何年も着ていない服は捨てる


買ったりもらったりしても、気に入って何回も着る服もあれば、なぜか一度も袖を通さずにクローゼットに入れたままという服があります。

もったいないから、いつか着るかもしれないからと残して置いても、今後着る可能性はありますか? おそらくは今後も無いと思うのですが、いかがでしょうか?

たとえば、1年着なかった服は捨てる、2年着なかったから捨てるなど基準を決めて手放しましょう。

流行遅れの服は捨てる


特に最先端の流行を意識していなくても、何年か経てばデザインが古くなった感じになります。

流行は10年で巡ってくるとは言いますけれど、細かい雰囲気が変わっていたり、素材が変わってたりして同じ流行であることは少ないので、その時代に合ったデザインとは言えません。

流行にこだわるならば、10年間寝かせていた服を着るよりは、その時点で新しいデザインを取り入れた方が満足できるのではないでしょうか。

もしもクローゼットに寝かせてある服があるのなら、10年後に着るかどうかももう一度考えてみてください。

サイズが合わない服は捨てる


サイズが合わない服は着られませんが、それでも、「痩せたら着よう」と取り置いていることがあります。実は私がそうでした 。

いつか着られるようになろうと目標として残して置きました。でも結局は、何年経っても痩せることはなくて着られませんでした。

「いつか」は来ないものなのです。痩せてお気に入りの服が着たいのなら、ダイエットして痩せた時点で、サイズのあった新しい服を買った方が嬉しさもひとしおだと思いますが、いかがでしょうか。



このように、服の断捨離をする時には、自分なりの服の基準を決めておいてからすると、捨てる、捨てないの選択がしやすくなります。

ぽかぽか暖かくなって来たこの季節は、積極的に動きたくなる時期です。服の断捨離をしてクローゼットの風通しを良くしてみませんか?

スポンサーリンク


関連記事

コメント

Re: ひよこ奥さん

> ひよこ奥さん
人それぞれ捨てにくいモノありますよね。
私はあまり服には執着がないので、ポンポン捨てても平気でした。
その代わり、レシピやコレクション品などは長いこと捨てられませんでした。
悩むのもモノと向き合うには大事な時間だと思います。

くき | 2016.04.12 01:11 | URL


Re: yuriさん

> yuriさん
ウエスですね。
私も、Tシャツや下着など綿のものは、
一部窓ふき用に使ったりしています。
捨てる前にひと働きですね。

くき | 2016.04.12 01:07 | URL


服・・・いっぱいあるのに着る服がないという、一番あかんパターンです、うち(笑)

何にでも愛着感じるのはだめですねえ。
思いきりたい、思い切りたいのになんでできないんでしょう、私。
くきさんに来ていただいたら、おそらく家が空っぽになるんだろうなあ(笑)
少しだけ思い切り菌を分けていただきたい、そんな思いでこのブログを読ませていただいてます。

ひよこ奥さん | 2016.04.11 09:43 | URL[ 編集 ]


よれよれの木綿の服、私は最近はさみで15㎝位に切っておいて台所でばんばん使っています。レンジ回りや食卓、冷蔵庫もアルコールスプレイをシュシュッとして拭いて、ごみばこへポンです。
使い切った感がたまりません!
鉄製品、そうですね、不燃ごみへ出した後、資源としてしてリサイクルしてくれるのか、一度、市のほうへ確かめてみますね。

yuri | 2016.04.10 20:31 | URL














管理者にだけ表示