ホーム断捨離実践の記録 ≫ 地下室の物置の断捨離実践3回目。人寄せ用の徳利などを捨てました

地下室の物置の断捨離実践3回目。人寄せ用の徳利などを捨てました

3月中旬頃に、寒くて中断していた地下室物置の断捨離を再開しました。3回目です。
前回の地下室物置断捨離はこちらです→地下室の物置の断捨離2回目。引き出物の食器などを捨てました

地下室の物置の断捨離実践3回目

ここにあるモノは、冠婚葬祭などでいただいたものがほとんどで、もう何十年も放置していたものばかりなので手放すものばかりです。

スポンサーリンク


ホコリが積もった箱を引っ張りだして、重い箱を抱えて数段の階段を上がり、板の間物置の広い場所に移して中身を確認するという作業なので、すべてを終わらせるのには、時間がかかりそうです。

今回は2往復しただけで音を上げてしまいました。それでも、毎回少しずつ進めて行けば、そのうち終わるでしょう。のんびり、気長にやって行きます。
物置や押し入れのモノについて →物置や押し入れの中のモノは8~9割はいらないものだと気がついた

今回出て来たのは、冠婚葬祭の人寄せがあった時用に用意していた徳利がたくさん。これはリサイクルショップ行きにします。

昔は、結婚式もお葬式も自宅に人を招いてやったので、その時の名残の食器がたくさん残っています。これからもまだ出てくるかもしれません。

湯飲み茶碗に、大きなお皿が3枚。なぜか祝い酒の樽。いただいたモノなのか、買ったモノなのかわかりません。

引き出物でいただいたと思われる電気式の鍋。すき焼きやおでんに使えそうなので、一瞬残そうかと考えましたが、きっと使わないで邪魔になると思い直して捨てました。
家電の捨て方に関する記事はこちらです → 使わなくなった大型家電・小型家電の捨て方。そのまま捨てていいの?

昔の引き出物は、食器やお鍋など大きいものが多かったのですよね。結婚式などのお祝い事には形に残る記念品が、お葬式や法事などの不祝儀には、形が残らない食品や洗剤などの消耗品を送るのが慣例でした。

田舎だと、見た目が小さいと物足りなくて、大きな方が喜ばれました(笑) そういうものが、使わないで物置に堆積しているのです。

最近の引き出物はカタログ式が増えてたので助かります。できるだけ形が残らないモノ、食品などの消費できるものを選ぶようにしています。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示