ホームモノと向き合う暮らし ≫ ものを増やさない買い物のしかた。断捨離してもものを増やしては意味がない。

ものを増やさない買い物のしかた。断捨離してもものを増やしては意味がない。

断捨離をしてモノを減らしているのなら、入ってくるモノを減らすことも必要です。

無計画に気が向くままにどんどんものを買っていては、当然増えてしまいますよね。

ものを増やさない買い物のしかた。

モノを増やさないために、お買い物をする時に気を付けることについてお話しします。

スポンサーリンク


お部屋のモノを増やさないためには量をコントロールすることが必要です。
汚部屋にしないための原則は→汚部屋にしないための原則は、出してから入れる

加えて、無駄なモノを入れない、たくさん入れすぎないことにも気をつける必要がありますね。

買い物メモを持って行く


事前に買う予定の商品をメモしておいて、それを見ながらお買い物をしましょう。

なんとなくお買い物をしていると、ついつい目に入ったものが欲しくなって買ってしまいます。

メモをすることで目的のもの、欲しいモノがハッキリするので、無駄な買い物をしなくてすみます。

また、本当にそれが必要なのかの判断は、お買い物の最中に考えるよりも、冷静に考えられます。

日常の買い物は消耗品だけにする


日常のお買い物は、できるだけ、食料品や調味料、洗剤、トイレットペーパーなどの消耗品だけにしましょう。

使えば無くなってしまうものなら、いつまでも家の中にとどまっていることはなくなります。

衣料品を買う時は、衣替えで整理してから季節ごとに1回、傷んで着られなくなったら捨てて換えを買うなど、まず服を減らしてから買うようにします。

雑貨や食器、家具など、長期間家にとどめて置く物を飼う時は、特に慎重に。本当に必要なのか、それをどこに置くのかなど事前によく考えてからにします。

2つ買わない


我が家は以前大家族だったので、食料品などを必ず2つ、3つと買う習慣がありました。

人数が少なくなってもしばらくの間、その習慣が抜けませんでした。1つでは足りないのでは無いかと、心配だったのです。

でも結局は残って捨てるようになってしまいます。

大家族で2つ必要な場合は別ですが、そうでない限りは、1つ買えば十分。必要な数だけ買って、余分には買わないようにしましょう。

昔と違って、スーパーでもお店でも、大抵どこかのお店は開いていますから、必要になってから買いに行ってもじゅうぶんに間に合うのです。

衝動買いしない


お店は消費者が欲しくなるようなデスプレイをしていますし、物欲を刺激するように上手に販売しています。

お店で見て、どうしても欲しくなって予定外のものを買ってしまうこともあります。ネット通販で、これは私に必要だと思い込んで、購入ボタンをポチッとしてしまうこともあります。

でも、買ってしまうと、なんだか安心して、そのものに興味が無くなってしまったり、結局使わないでしまったりで、衝動買いは、不要なモノを増やしてしまう危険性をはらんでいます。

突然予定外のものが買いたくなったら、ひと呼吸おきましょう。

スーパーでなら、一度その商品を置いて、他の必要なものを買ってから、もう一度その商品を見るようにします。少し気分が変わることで、衝動が抑えられて冷静に考えられるようになります。

ネット通販で欲しいモノが出てきた時も、その場ですぐに飼わないで、画面を閉じて他のことをしましょう。1~3日くらいしてもなお必要だと思ったら、もう一度サイトを開いて購入します。

いずれにしても、欲しいと思ったらその場ですぐには決断しないことです。



不要なものを買ってしまっても、その時は1つ、2つのことかもしれませんが、それが繰り返されると、どんどん増えてきます。

モノは少ないうちに、それ以上増えないように対策することで、片付けや断捨離をより簡単にスムーズに進めることができます。

断捨離でお家のモノを減らすと同時に、少しずつモノを増やさない工夫も身につけて行きましょうね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示