ホーム断捨離実践の記録 ≫ 断捨離体質が身についたはずの私が、ふと気になって捨てたモノ

断捨離体質が身についたはずの私が、ふと気になって捨てたモノ

昨日、断捨離をしていると、捨てるべきモノに気がつくようなってくるというお話をしましたが、ふと気がついて最近捨てたものです。

ふと気になって捨てたモノ

これまで、本棚やキッチンの断捨離をしてきましたけれど、その時は捨てようとは思わずに、残したモノたちです。

スポンサーリンク


巻き寿司用の巻きすと、お正月の伊達巻き用の巻きす。

断捨離した時には、当然のように残すものとして引き出しにもどしたのですけれど、今、改めて考えてみると使わない。

特に、伊達巻器用の巻きす、高かったのですよ。手作り教室で教えていた当時、イベントのために購入したのですけれど、あれ以来一度も使っていませんでした。

お正月に手作り伊達巻きは作らないですし、ちらし寿司は作るけれど、巻き寿司は作らないです。

そうか、「それなら置いておく必要はないな」という結論に達しました

断捨離をはじめたばかりの頃と、ある程度進んでからは、モノの選び方が変わってきますね。
断捨離体質についての話題はこちら →断捨離体質が身につくと捨てるべきモノに気がつくようになる

文房具の断捨離を

36色の色鉛筆が入っていたケースは、大人のぬり絵を楽しむために購入しました。
大人のぬり絵についてはこちら →脳科学者も注目。脳のアンチエイジングに大人のぬり絵が効果的

エンピツ自体はエンピツ立てにたてているので、このケースは必要ないのです。それなのに、なぜか、本棚の隙間に置いていました。

このケース結構大きいので場所を取ります、自分でも、なぜ捨てなかったのだろうと不思議。

本棚を眺めていて、見た目に浮いた感じだったこのケースに気がついて、捨てようと思ったのでした。

こうして、くりかえし、くりかえしモノと向き合ってみることで、自分とモノとの関係がハッキリしてきます。

まずは、全体的にモノを減らすために、最初に一通り断捨離して行くのですが、その後は、気がついたら即行動で、メンテナンス作業も必要です。

断捨離体質が身についてきたら、そのメンテナンス作業も、無理にするのではなく、進んで楽しくできるようになってくると思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

Re: 敦子さん

> 敦子さん

ときめくきものは残して良いんじゃないですか?
私は、なんとなく取ってあっただけなので捨てましたけれど
好きなもの、気に入っているものは残したいですよね。

くき | 2016.03.09 09:11 | URL


Re: つっちーさん

> つっちーさん
そうなんですよ、なぜこんなモノ? というものを
取ってあることありますよね。

最近は捨てるようにはしていますが、
無意識に取ってあったりすることがあるので、
気がついたら捨てるようにしています。

くき | 2016.03.09 09:08 | URL


くきさん、こんにちは♪
私も水彩色鉛筆と巻きすは、まだとってあります。
たしかに、全然つかってないのですが
二つとも、ときめいちゃうんですよね^_^;
くれくらいいいかなって、自分に納得させてます。

敦子 | 2016.03.07 19:00 | URL[ 編集 ]


こんにちは。

おっしゃるように私も
容器だけになったものが沢山あります。

いつか片付けるときに・・とか
引っ越すときにはケースが有ったほうが・・とか。

これなんですね、片付かない原因。

なんとなくわかってきました。

容器大好き人間ですので
思い切って捨てることは出来ませんが、
せめて可愛くない容器くらいは手を付けようと思います。

思い切り・・大事ですね。(*´∀`*)

つっちー | 2016.03.07 13:07 | URL














管理者にだけ表示