ホームモノと向き合う暮らし ≫ 断捨離体質が身につくと捨てるべきモノに気がつくようになる

断捨離体質が身につくと捨てるべきモノに気がつくようになる

片付けは、トレーニングすることで上達します。

片付けできなかった私は、目の前にあるモノさえ、それが散らかりの原因だと気がつきませんでした。

気がつかないのだから、片付けようもなく、どんどんモノが堆積して、散らかった場所か広がって行くのでした。

断捨離体質

そのことに、どこかで気がつかなければ、散らかりは続きます。私は断捨離をすることで、それにストップがかけられました。

スポンサーリンク


まだまだトレーニング途中なので、今のところ我が家はスッキリ片付いた家とは言えません。

でも、毎日生活していて、なんだか雑然としてるぞ、モノが多すぎるぞ、なんだかスッキリしないぞ、と、感じることが増えてきました。

「気づかない」から「気がつく」へ、意識が変わってきたというのは、我ながら進歩だと思います。

たとえば、テーブルの上に、食べた後のお菓子の袋が乗っていたとします。

以前の私なら、空の袋があるなとは気がつくのですが、ただそれだけで、それをゴミ箱にいれようという意識がありませんでした。

空き袋とゴミ箱が結びつかなかったのです、面倒だからと、見て見ぬ振りしてそば通り過ぎるだけでした。


床に紙くずがあったとしても、それを拾おうという意識がありませんでした。最悪、それを足で蹴ったりして。

ただ、断捨離をしてきただけで、特に変わろうとか、替えようとしたわけでもありませんが、いつの間にか、少しずつ意識の変革が起こっていたように思うのです。

最近は、断捨離をするぞと思ってするだけでなく、生活の中でちょっと気がついた時には、すぐに行動に移せるようになってきました。

いい年したおばさんが、今更なんですけどね。

引き出しを開けたとき、モノが重なっていたら、「あ、これいらないかも?」と捨てる。なんだか雑然とした場所だと感じたら、何が原因なのか見つけようとします。

そんな風に、「気がつけば」努力しなくても動けるものなんですね。

「気づかない」人が「気づけるようになるには」、断捨離して成功した経験、気持ちよかったという経験を積むことです。

人間、誰でも褒められればやる気が湧いてきますし、気持ちが良ければまたやろうと思うでしょう。

少しずつでもうまくいったという経験を重ねることで、ご自身の中に変化が起こるのですね。

だから、うまく行かなかったから、続かなかったからどうしよう、なんて、心配する必要はありません。

うまくいかなかったからって、誰かが被害を受けるわけではないのです。続かなかったからと言って、困るわけでもないのです。

うまくいけばスッキリ気持ちの良い生活が待っていますし、続けられれば、片付いたお家が手に入るでしょう。

それだけの話です。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示