ホーム捨てにくいモノの捨て方 ≫ 使い捨カイロの捨て方。そのまま捨てていいの?

使い捨カイロの捨て方。そのまま捨てていいの?

使い捨てカイロ、最近はあまり使わなくなったのですが、寒い冬の朝に外出する時などはよく使っていました。

断捨離してして古い使い捨てカイロが出て来ましたが、これ、そのまま捨てていいのでしょうか?

使い捨カイロの捨て方。

使い終わった使い捨てカイロは、これまでは不燃ゴミで出していましたが、調べてみると、可燃ゴミで捨てるところもあるし、不燃ゴミのところもあって、地方によって捨て方が違っています。

スポンサーリンク

結論としては、ありきたりの言い方になりますが、捨て方はお住まいのゴミ分別方法にしたがってください、ということになります。

使い捨てカイロの発熱のしくみ


使い捨てカイロのしくみは、鉄が空気中の酵素と化学反応をして酸化鉄になる時に熱が発生します。その熱がカイロの温かさになっています。

空気に触れないような材料で包装されているパッケージを開けることで、中の不織布に入っている材料が酵素に触れて、化学反応がはじまる、というしくみです。


使い捨てカイロの材料


使い捨てカイロの主な材料は以下のようなものです。

使い捨カイロの捨て方。

●鉄
使い捨てカイロの主成分で、酸化反応をするのに必要です。

●水
鉄の酸化速度を速めるのに必要な材料です。

●バーミキュライト
表面の小さな穴に水分を取り込んで保水剤の役割をします。

●活性炭
表面の小さな孔に空気を取り込んで酵素を供給するのを促します。

●塩
酸化速度を速くするのに必要な材料です。

使い捨てカイイロの捨て方


使い終わった使い捨てカイロは、化学反応が終わって鉄が酸化しきった状態なので、そのまま、地方のごみ分別に従って捨てて大丈夫です。

使い捨カイロの捨て方。

未使用の使いすてカイロの場合。使用期限が過ぎていても化学反応は起こりますので、発火したり火事になったりする危険性もあります。

そのため、一度使ってから捨ててください。使わない場合も、パッケージを開けて熱を出して冷えてから捨てるようにします。

使い捨てカイロのリサイクル


使い終わった使い捨てカイロの中身は、再利用してまたカイロを作るということはできません。現在のところ工業的に再利用すると、捨てる以上の費用がかかってしまうというのもあるのかもしれませんね。

それでも、捨てればごミ、使えば資源ということで、ご自宅ならば脱臭剤として使うことができます。活性炭が入っていますので、トイレの中や、靴の中などにいれてておくと消臭効果が得られます。

家庭菜園をされている方などは、土に混ぜて植物を育てるという手もあります。

鉄は、土の鉄分を増やして野菜が鉄分を吸収するという効果に繋がります。バーミキュライトはもともと園芸にも使うもので、保水性があるので土が乾くのを防ぐ効果も期待できます。

だだし、塩分が入っているので、大量に入れると食物の生育を妨げますのでご注意ください。、

使い捨てカイロを資源利用のため集めているNPO団体もあります。
鉄・活性炭の資源利用 →NPO法人 地域循環ネットワーク

使い捨てカイロを使って作った「鉄炭だんご」をヘドロで汚れた海に投入して水質改善をはかるという取り組みもあります。
実験のようす →◆ 使い捨てカイロのリサイクルで海が再生する!「鉄炭だんご」の不思議



使い捨てカイロは、寒い時期には手軽で便利ですが、使い終わった後、捨て方がわからなくて、いくつも溜め込んであることもあるかもしれませんね。

1日1個使ったとしても、1ヶ月使えば30個のゴミが溜まってしまうことになります。ためないうちにそのつど捨てておけば負担になりません。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示