ホームスポンサー広告 ≫ 断捨離は捨てやすいモノからはじめよう、リサイクルや寄付を考えるのは情報収集してからホーム断捨離・片付け ≫ 断捨離は捨てやすいモノからはじめよう、リサイクルや寄付を考えるのは情報収集してから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


断捨離は捨てやすいモノからはじめよう、リサイクルや寄付を考えるのは情報収集してから

断捨離して手放すモノは、捨てるだけでなくリサイクルしたり、売ったり、寄付したりする道もあります。

ただゴミにしてしまうだけでなく、他の必要な人が使ってくれたり、別のモノに姿を変えて使うことができれば嬉しいですよね。

断捨離は捨てやすいモノからはじめよう

でも、断捨離をはじめたばかりの人が、最初からリサイクル、寄付と考えるのは結構ハードルが高いものです。

スポンサーリンク


これはリサイクルに回そうと思って、まとめたままモノ溜まりになってしまう。どこかに寄付しようと取り置いたまま、寄付する先が見つからずに、ずっと置いたままになっている。

ありがちです。

断捨離したモノが、いつまでもお部屋に置いてあると、モノが減った実感を感じにくいので、次のやる気に繋がりにくいです。

ですので、断捨離をはじめたばかりの方は、リサイクルや寄付などを考えなくても良いモノの断捨離から取りかかってください。

たとえば、

引き出しの中の筆記用具、使い終わったノート、
領収書や書類などの紙類、
洋服の中では下着や着古したくつ下。
ひび割れたり欠けた食器、紙袋や空き箱、等々。

躊躇せずにゴミ袋にポイポイ入れて捨てられるモノからはじめて、断捨離した後の爽快感や達成感を実感してください。

そうして断捨離のトレーニングを続けて行きながら、具体的な情報を集めておきます。

近くにあるリサイクルボックスを確認してみたり、本を買い取ってくれるのはここ、食器ならここ、洋服はここで…‥ 寄付を募集している団体のことなど。

情報が集まってから行動に移すことで、モノを集めてすぐにそこへ運んだり、送ったりすることができます。

断捨離して手放すものはいつまでもお部屋に置かないこと。

これはお部屋をスッキリさせるための重要ポイントです。

私自身、後で捨てよう、後でリサイクルショップに持って行こうと、部屋の隅に置くことがあります。

現に今も、リサイクルショップ用のモノ置き場ができてしまっています。これは悪い例ですね(汗)

こういう時に、私がどうしているか、ですが。

集めたモノは、戸棚にしまったりはしません。戸棚に入れて見えなくしてしまうと、そのまま忘れてしまうので、できるだけ目につ、邪魔な場所に積んでおきます。

毎日のように邪魔なところにあるのを見ていれば、はやく何とかしなくてはと思うじゃないですか?

ただ、このモノ溜まりが、あっちにも、こっちにも出来ていたら、全然片付きませんよね。

そうならないように、捨てるべきモノはできる限り早く捨て、モノ溜まりを作らないのが、お部屋をスッキリさせるコツと言えます。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。