ホーム50代の思い・健康 ≫ 老眼の症状と対策。免許更新で老眼を自覚してしまった

老眼の症状と対策。免許更新で老眼を自覚してしまった

5年ぶりに自動車運転免許証の更新をしてきました。

お誕生日月の前後1ヶ月間が更新期間で、お知らせの通知が届きます。
老眼の症状と対策
違反をしていなければ、もよりの警察署で手続きをすると30分の優良研修を受けて免許証が即時発行されます。

免許更新には、アンケートに答えたり、視力検査をしたりするのですが、今回は視力検査で一番小さな記号が見えなくて焦りました。

職員さんに「これが見えないと更新できませんよ」と言われて、3回ほどやり治ししてギリギリセーフでした。

スポンサーリンク



私は軽い近視で、運転にはメガネをかけなければないのですが、実はここ3~4ヶ月の間に、急にものが見えにくくなってきていたのです。

最初はほとんど気づかなかったのですが、なんだか近くが見えにくい、その上、遠くもピントが合わない感じで見えにくい。

パソコン仕事が多いので、目が疲れているのかな、くらいに思っていたのですけれど、よくよく考えてみたら年齢的に「老眼」かな?
と、衝撃を受けました。

老眼とは


目には、水晶体というレンズにあたる気管があって、これが近くを見る時は厚くなり、遠くを見るときには薄くなって調整しています。

ところが年を取ってくると、水晶体が固くなり、この調整がうまくいかなくなって見えにくくなります。

老眼は老化によって誰にでも起こる症状です。早い人は45歳くらいから症状が現れるそうです。

また、パソコン、スマホ、テレビなどで目を酷使していると、若くても同じような症状が起こることがあり、最近は若年性の老眼も増えてきています。

老眼の症状は


老眼になると、以下のような症状が出ます。

●本や新聞など近くの文字が見えにくい

●遠くはよく見えるのに近くは霞んで見えない

●近くから遠くへ、遠くから近くへ視点を移したときにぼやける

●あたりが明るいと見えるのに、薄暗いと見えにくい。

●目がすぐに疲れる。

●肩こりや頭痛がする

老眼対策は



老眼になってしまったら、対策としては、メガネやコンタクトレンズなどで見え方を調整します。

老眼鏡には、近くをみるための単焦点レンズ、と遠近両用の多焦点レンズや累進焦点レンズがありますので、用途に応じて選びます。

人それぞれで状態が違いますので、眼科医に相談してください。

老眼だけではなく日常必要なことですが、目の健康を気遣うことも大切です。

パソコンやテレビ、読書などをしていて疲れてきたら休むこと。1時間に10~15分は休憩を入れます。

近くばかり見ている時には、時々 視線を外に移して遠くを眺める。遠くの緑の風景を眺めるのも良いです。

じゅうぶんな栄養と睡眠を取り、体調管理に気をつけること。

日常のケアにも気配りましょう。



老眼は、ジワジワと症状が出て来て、ある時突然自覚して驚くものなんですね。

祖母や母がもみえないと言って老眼鏡をかけていたのを思い出して、いよいよ私の番になったのかと考えてしまいました。

早いうちにメガネを作り直して来ようと思っています。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

Re: 敦子さん

> 敦子さん
こんばんは、いつもありがとうございます。
気がつけば老眼になっていたようです。
免許証出せませんと言われたらどうしようかとヒヤヒヤしました。
これまではあまり目は気にしていなかったので。
これからは労ってあげなくてはと思っています。

くき | 2016.03.01 20:11 | URL


くきさん、こんばんは♪
私も12月に免許の更新でしたが、
視力検査、ぎりぎりでした(苦笑)
近視、乱視、老眼といろいろあるので
眼鏡も、パソコン用、仕事用、運転用など
いっぱい持ってます。
もっと目の健康も考えないといけませんね。

敦子 | 2016.02.29 20:55 | URL[ 編集 ]














管理者にだけ表示