ホームモノと向き合う暮らし ≫ 断捨離はズボラな人にこそ向いている片付け方法

断捨離はズボラな人にこそ向いている片付け方法

以前、片付けられないのはズボラな自分に甘えているのではないか、というお話をしました。
ズボラに甘える →ズボラを片付かない理由にしない。自分をズボラだと思っている人への提案
断捨離はズボラな人にこそ向いている
その後、少し考えたのですけれど、断捨離は、ズボラな人こそ向いているのではないか、と。

スポンサーリンク

何で読んだのか忘れてしまったのですが、断捨離創始者のやましたひでこさんが、断捨離を考えたのは、もともとご本人が片付けが苦手で、面倒くさがりだったからだとか。

片付けするのが苦手な人が、片付けするにはどうしたらいいか?

それは、片付けるべきモノが少なければ簡単にできる、面倒臭くもない、ということだったのですね。

片付けが上手でマメな人ならば、断捨離をする以前に、いつでもちょうど良いくらいのモノがあって、小まめに整理整頓するので、いつだってお家が整っているのでしょう。

でも、人の性格はさまざまあって、育ってきた環境もさまざまなので、誰でもが最初から上手に片付けられるわけではありません。

片付け下手でズボラな人だって、心の底ではスッキリ片付いたお家で暮らしたいとは思っていますよね?

私もそうでした、雑然とした家を何とかしたいとは思っていたけれど、どうしたらいいのかわからないから、見て見ぬ振りをしてきちゃった…‥

そんな私が1年以上断捨離を続けて来られたのは、最初は、面倒臭い片付けをしなくても良かったからかなと思います。

今の私は、断捨離の第一段階で、モノを減らしているだけなので、苦手な整理整頓、掃いたり拭いたりのお掃除はほとんどしていません。

でもね、モノが減って、お部屋や収納スペースに隙間ができると、それだけてスッキリ感が倍増するんですよね。

モノを捨てることに関しては、いろんな複雑な思いを感じることもあるし、心の中で葛藤することもあります。、
どんどん捨てる時の気持ちは →断捨離の最終目標は、大量に捨てなくて良い生活

でも、そんな自分の気持ちと向き合うこともまた、片付けの意識を変えるためのトレーニングになっているのです。

断捨離の第2段階、第3段階と進めて行けば、整理整頓、収納、お掃除なども入って来ますけれど、モノを減らしながら、少しずつ意識改革ができるので、自然に体が動ようになってくるのです。

断捨離の意味は、執着を断つためのヨガの修行から来ています。モノと向き合うことで、同時に心の修行にもなっているのかもしれませんね。

断捨離は、最初は片付けなくていい片付け方法なので、ズボラで面倒くさがり屋の片付け下手さんでも、じゅうぶんに作業することができます。

あとは、「行動する」ことだけですね。 行動しないことには何もはじまりませんから。

身近にある不要なモノを一つ手放すところから、お財布の中、バッグの中、引き出しの一つなど、狭いところから断捨離の実践をはじめてみましょう。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

Re: 敦子さん

> 敦子さん
片付けなくても良いというのが、
私が断捨離できた大きな理由だったかなと思います。
葛藤もありますけれど、それも含めてやって良かったです。

くき | 2016.02.20 01:13 | URL


おはようございます♪
私もそう思います。
掃除や片づけが苦手な私ですが
断捨離がすすむにつれ、掃除がしやすくなり
片づけも楽になり、しかもすっきりしてくる。
断捨離効果ってすごいですよね。
行動してよかったです♪

敦子 | 2016.02.18 07:28 | URL[ 編集 ]














管理者にだけ表示