ホーム断捨離・片付け ≫ 客間の押し入れの断捨離実践3回目。父の記念品はとりあえず取り置き

客間の押し入れの断捨離実践3回目。父の記念品はとりあえず取り置き

客間の押し入れの断捨離実践3回目です。押し入れの下、4分の1のスペースなのですが、ぎっしり詰まっていたので、結構色々でてきます。
前回の断捨離 →客間の押し入れの断捨離実践2回目。電動ミシンとアイロンを捨てました
客間の押し入れの断捨離実践3回目

今回出て来たのは、母の雑誌が詰まったダンボール箱、包装された父の名前入りのお盆、妹の卒業証書など。

スポンサーリンク

母の雑誌は古いものだし、もう何年も読んでいないので捨てました。

妹の卒業証書は取り置きます。私の卒業証書も残したし、あまり場所もとらないので残しても大丈夫でしょう。
私の卒業証書のこと →クローゼットの断捨離実践7回目。卒業証書はひとまず取り置くことにしました

きっと、ゆるりまいさんなら、卒業証書なんて当然捨てるのでしょうね。結婚指輪まで捨てた方ですから。
ドラマの感想はこちら →ゆるりまい原作『わたしのウチにはなんにもない』NHKBSプレミアムドラマ1回目放送を観た感想

私はそこまで徹底できそうもないしし、ミニマリストでもないので捨てないことにします。

捨てる基準は、それぞれで良いのです。断捨離は1回したら終わりではなくて、2巡目、3巡目をしてもいいわけなので、あとでもう一度見直しても良いと思います。

父の名前入りのお盆は5箱出て来ました。これは、生前にとある章を受賞した時に、いただいたお祝いのお返しに配った残りだと思われます。

こういう記念の品も困りますね。名前が入っているとリサイクルショップと言うわけにも行かないし、お盆5枚も使わないし…… でも、捨てにくいですよ、ホント。

父の思い出の品なので、とりあえず、1枚は出してキッチンで使うことにして、妹とか、伯母とか使ってもらえれば引き取ってもらおうかなと思っています。

その上で、どうしても残ったら、思い切って捨てることにします。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示