ホームモノと向き合う暮らし ≫ ズボラを片付かない理由にしない。自分をズボラだと思っている人への提案

ズボラを片付かない理由にしない。自分をズボラだと思っている人への提案

アラフィフずぼら主婦。自分のことをそう表現していました。昔から面倒くさがりで、横着者、怠け者…… 自分に自信がないから、自己評価すると、そんな言葉ばかりが並びます。
ズボラだからこそ断捨離を楽しもう
このブログをスタートさせた頃はそうだったのですよ。でも、最近、少し考えが変わってきました。

ズボラとか、ナマケモノとか言う自称に甘えていたのではないか? と、

スポンサーリンク

ズボラだから、お部屋が汚いのは当たり前、ズボラだから片付けられなくて当然。ズボラは、自分で自分に言いわけをするには便利な言葉です。

片付けられなくて汚部屋暮らしで平気なら、別に構わないのですけれど、それもその人の生き方ですから。

でも、なんとかスッキリ片付いた部屋で暮らしたいと思ったなら、ズボラな甘えは返上するべきですね。

幸い、断捨離はズボラな人に向いた片付け方法です。だって、最初は、きちんと整理収納をする必要が無いのですから。

私がそうだったのですが、ズボラな人って、モノを整然と収納するのが苦手じゃありませんか?

しまうのが面倒臭いからテーブルの上に重ねて置いたり、床にポンポン置いたままにしてしまう。または、とりあえず収納場所に押し込んで、目の前から消えてしまえば、忘れてしまう。

そんな人が、収納しようと努力しても難しいのです。

収納できない第一の原因は、収納できないほどにモノが多すぎるからです。

それなら、収納できる程度にモノを減らせば良い

単純なことですが、私は、断捨離を知るまでは、まったくそれに気づきませんでした。

50年以上生きてきたのに、モノを買って増やすことは考えても、不思議なことに減らすことには思い至らなかったのです。

それでも、断捨離を知って、遅ればせながらモノを減らす生活をはじめました。

減らすと言ってもすべて捨てているわけではありません。捨てるモノも多いですが、リサイクルできるモノはリサイクルショップへ。欲しい人が居たら差し上げたり、寄付したり。

実のところ、何もかも捨てるとしたら、もったいない気持ちが働いてブレーキになったかもしれませんが、リサイクルして他の誰かがまた使ってくれるかもしれないという気持ちが躊躇する気持ちを後押ししてくれました。

時には、手放しがたくて、長い間悩むこともありますが、そんなことも、断捨離の面白さのひとつだなと感じています。

そうなんですよ、真剣に深刻に考える必要はありません。面白がってしまえばいいのです。

神経衰弱ゲームのように、あるいはババ抜きのように、たくさんのモノの中から、今の自分にふさわしいモノを選び出す作業だと考えれば、楽しめるかもしれませんね。

ご自分をズボラだ、片付けられないと思っている人への提案4つ。

ズボラだからと言いわけをしない


まずは、自分がズボラだから片付けられないと言いわけするのをやめましょう。

その上で、本当にお部屋をスッキリ片付けたいのか考えてみてください。

別に片付けなくても不自由はしないと思うのなら、そのままでも全然構いません。でも、片付いた理想の環境に住みたいと考えるのなら、ぜひ、行動を起こしてくださいね。

片付けられない自分を否定しない


片付けることができない自分を、ダメなヤツだと否定しないでください。

実際、お部屋を片付けるのは高度な技術です。片付け専門のプロがいるくらいですからね。

やり方を教わったりトレーニングなしに、すぐにできることはありません。

子供の頃に両親や家族から訓練を受けていれば(しつけ)できる場合もあるでしょうが、誰にも教わらず、一人でその技術を身につけるのは大変です。(最近は学校で少し教えているということは耳にしました)

ですから、今はできなくても当然、と、開き直ってください。そして、少しずつトレーニングをはじめましょう。

まずは何かひとつモノを捨てるところから


片付けるためのトレーニングとして、まずは、お部屋のモノを減らすことからはじめましょう。

何でも良いので、いらないものをひとつ捨ててみてください。
うまく捨てられたら、翌日またひとつ、また翌日にひとつ…… 数日捨ててみてうまく行きそうなら次に移ります。

次は、おサイフの中、引き出しの1つなど、狭い場所を決めて、捨てるモノ、残すモノ、迷うモノの3つに分けてみます。

そして、不要なモノは捨て、またはリサイクルして、必要なモノは残しし、迷うモノはもう一度じっくり考えて決断します。

簡単な場所からはじめて、少しずつ広い場所へ、捨てにくいモノへと範囲を広げて行きます。

迷うモノはすぐに捨てなくても構いません。捨てられないと深刻になりすぎないように、どうしても捨てたくないモノは捨てなくていいのです。

モノと向き合って判断していく過程を楽しんでください。

ガラクタの中から自分の必要なモノを選ぶ感覚


捨てるべきモノを捨てて、またはリサイクルをして、モノが減れば、あとに残るのは、自分にとって必要なものばかり。

捨てる作業は、たくさんのモノの中から、本当に必要なモノを選ぶ作業でもあったのですね。

必要なモノなら、頻繁に使うので、埃だらけにしてほったらかしにすることはありません。モノが少なくなっているので、管理もしやすいはず。片付けがどうこう考える必要も無いくらいに、モノの収納がしやすくなっています。



はっきり言って、「たかが片付け」です。

先に片付けは高度な技術だと言いましたが、それはやり方を知らない場合。やり方さえ知ってしまえば、あとは簡単、行動あるのみです。お互い楽しんで行きましょう♪

スポンサーリンク


関連記事

コメント

Re: ひよこ奥さん

> ひよこ奥さん
はじめまして、ご訪問とコメントありがとうございます。
モノを捨てるのは結構つらいですよね。
ポイポイ捨てられるときと、なかなか決断できない時とあります。
特に想い出のものは難しいです。
でも、あれこれ考えることも断捨離トレーニングの一つかなと思っています。

くき | 2016.02.20 01:19 | URL


ズボラを言い訳、私だ(笑)

初めてコメントさせていただきます。
「しんどいから」「忙しいから」「なんだか気が乗らないから」そういう言葉を言い訳にして、気がついたら部屋が物でいっぱいでカオスです。
「入院してしばらく動けなかったから仕方ないの」
「事情があって荷物引き取ったから」
本当、言い訳っていくらでも出てきます。

私は物が捨てられないタイプです。
特に、亡くなった母だとかおばだとかの手を通ったとか、思い出があるとか、甥っ子姪っ子が小さい頃に使ってた、自分が子供の頃に使ってた、そういう物が「手を離れたら二度と戻ってこない」と思うと捨てられなくて・・・
それから「物がかわいそう」と思う気持ちも強いです。

それでも「物の割に片付いてる」との言葉もいいわけにしてたなあ。
もういい年になってますし、本気で色々片付けないと、私にもしものことがあったらみんな困ります。

参考にさせていただいて、勉強させていただいて、少しずつでも今まで処分できなかった「何か」を処分できるようにしたいと思いました。

ひよこ奥さん | 2016.02.19 20:27 | URL[ 編集 ]


Re: 敦子さん

> 敦子さん
記事を読んでいただきありがとうございます。
誰でもそういうところがあるのかもしれませんね。
断捨離を始めてから、自分がズボラということに甘えていたのに気がつきました。
少しずつですが、お部屋がスッキリしてくるのを楽しんでいます♪

くき | 2016.02.02 11:45 | URL


くきさん、こんばんは♪

今回の記事、ぐさっときました。
まさに私のことです^_^;
でも、やっと断捨離に目覚めて
物を減らす楽しみができたので
少しずつ、快適な暮らしへ向かっていると思います。
59歳にして、やっとです。

敦子 | 2016.02.01 19:08 | URL[ 編集 ]














管理者にだけ表示