ホームモノと向き合う暮らし ≫ 断捨離で捨てる決断をするための4つのルール

断捨離で捨てる決断をするための4つのルール

断捨離をしていて、どうしても手が止まってしまうのは、捨てるべきか、やめようかと判断に迷う時です。

悩んで先へ進めなくなってしまうのは、時間がもったいないですので、迷ったものはひとまとめにしておいて、あとでゆっくり考えて行くと良いでしょう。
断捨離で捨てる基準の決め方
断捨離でモノを捨てるためには、あらかじめ捨てるための基準を決めておくとスムーズに行きます。

捨てようか、残そうか迷った時には、そのルールにあてはめて考えてみることで、決断しやすくなります。

スポンサーリンク


使うか、使わないかで判断する


モノは壊れない限りずっと使えます。壊れていて使えなくても修理すれば使える場合もあります。

使えるか、使えないかで判断すると、「使える」ことが前提になって手放す判断にはなりにくいのです。

これを、「使うだろうか、使わないだろうか」と考えてみてください。

昔は使っていたけれど、今はもう使わない。前にもほとんど使ったこと無かったから現在も使わない。こんなの持っていたなんてすっかり忘れていた。

こんな場合は、捨てても大丈夫ですよね。

今現在使っている

これは当然、残しておくものです。

必要か、不要かで判断する


毎日生活している中で必要なモノか、それとも、必要ないモノなのか考えてみます。さらに、過去に必要だったではなく、今必要なものかどうかも判断してください。

無くても困らないモノ。昔は必要だったけど、今はもう必要ないモノ。無くても他のモノで代用できるモノは、捨てても大丈夫ですね。

現在必要なモノは残しますが、これから必要になるモノの場合は、「これから」がどれくらいの期間かによって判断します。

1~2ヶ月の間に必要になるモノなら残しておいていいですが、いつ使うかはわからなかったら、いったん手放して、必要になったらまた購入するでも良いでしょう。

こんなに量が必要かで判断する


同じモノや、用途が似ているモノなどがたくさんある時には「こんなにたくさんの量必要か」と考えてみてください。

ボールペンなどの筆記用具やノート類、ビニール袋や洗剤、調味料のストックなどは気づかないうちに、たくさん増えていることがあります。

小さなモノでも数があれば場所をとりますし、ゴチャゴチャしたて印象にもなりますので適量を考えましょう。

1つあればじゅうぶんな場合は、1つ残して残りは処分すればいいですし、少しストックを残して置く場合は、必要最小限に抑えるように考えてみます。

使う頻度で判断する


モノは使われてこそ生きます。どれくらいの頻度で使ったかを考えてみて下さい。

クローゼットの奥で眠っている洋服、戸棚の奥に忘れられているバッグ、もらったままフタを開けてないな贈答品等々。

1年の間に1回も使っていなかったら、それはもう使わないと判断しても良いですね。

毎日使っているモノ、頻繁に使うモノは残しておくべきものです。



実際のところは、想い出や、好き嫌いなどの感情が加わってきますので、決めたルールだけで決断できないこともありますが、決めた基準に沿って、ご自分でじっくり考えてみることで、決断を導き出すことができます。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示