ホームその他の話題 ≫ クローゼットの断捨離実践6回目タロットカードの残りと書類色々を捨てました

クローゼットの断捨離実践6回目タロットカードの残りと書類色々を捨てました

クローゼットの断捨離実践6回目です。半畳くらいの狭いスペースなのですが、見た目以上に色々詰まっていました。
我ながら、詰め込み主義も極まれり、という感じですが、これが現実。

クローゼットの断捨離実践6回目

しっかり断捨離して、今後はもう詰め込まないように、本来の使い方で洋服の管理をして行くつもりです。

スポンサーリンク


今回は、前回の続きで、残っていたタロットカードコレクションをゴミ袋へ。手作り教室時代の書類も、紙袋2つ分捨てました。
前回の断捨離はこちら →クローゼットの断捨離実践5回目タロットカードのコレクションを捨てました

書類はもう、中身を見る気も起きないので、中身を見ずに直接ゴミ袋行きにしました。もう10年以上もここに詰め込んだままになっているので、必要になることもないでしょう。

私が所属していた手作り教室は、現在は体制が変わって以前の面影は無くなっています。

当時は、教える前の準備や材料の買い物があったり、教えた後の事務手続きも色々あって、自宅に戻ってからも細々と書類を作ったりしてました。

今のようにインターネットで繋がってはいなかったので、すべて書面での手続きだったのですよね。そういう書類の、講師控えなどの書類がたくさん出てきました。

今はもう必要ないですし、生徒の個人情報なども残しておけないので、すべてゴミにして、夫に直接、処理場の焼却炉へ入れてもらいます。

手作り講師の講師をやめた頃は、父の病気のこともありましたし、職場でも色々思うところがあって、精神的にもギリギリの状況だったのです。

やめた後、もう教室のことを思い出したくなかったので、あまり使っていなかったクローゼットに放りこんで、忘れていたのだと思います。

最近は、たまにパンを焼くこともありますが、当時は「もう一生分のパンを焼いた」として、お道具類もみんな目に入らない戸棚に入れてしまっていました。

当時の思いでが残るモノは、なかなか捨てがたくて悩ましいです。レシピなどの他に、断捨離を先延ばししている焼き型も山ほどあるので、いつかはあれもを断捨離する日が来るでしょう。その時はきっと執着でいっぱいになるだろうなと思います。

その時にはまたご報告しますね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示