ホームモノと向き合う暮らし ≫ 断捨離をしているとお買い物のしかたも変わってくる

断捨離をしているとお買い物のしかたも変わってくる

断捨離をしていて大量にモノを捨てていると、もう二度とこんなに捨てないようしようという気持ちが強くなります。

断捨離をしているとお買い物のしかたも変わってくる

やっばりね、無造作にポンポン捨てるのは、モノに申しわけないような気がします。正直、もったいないとも思います。

スポンサーリンク

モノは使われない方がもっともったいないと言いますし、確かにそうだなとは思います。

でも、それを作るための材料や、作った人が費やした時間などは無駄になっていますから、やはりもったいないことですよ。

それでも、今の私には、モノを減らすことが必要なので、あえて捨てていますが、「もったいない」と感じた気持はしっかり胸に刻んで次につなげるべきです。

また、捨てることにならないように、同じことを繰り返さないように。お買い物をする時に買い方が変わりました。

以前は100円ショップが大好きで、お買い物ついでに、気分転換にちょっと寄ることが多かったのです。細々した雑貨や、キッチン用品など見ているだけでも楽しいし、見ていると、ついつい意味も無く買ってしまったり。

最近はちょっと自重しています。必要なモノがあって、目的がある時だけ行くようにしました。

ノートやボールペンなどの文房具も好きだったのですが、今は、数量規制をしているので、今使っているのがダメになった時だけ買います。

それから、食料品や、洗剤などのストックも、持ちすぎないようにしていたり、本や雑誌は極力買わないで、電子ブックで読むようにしていますし、読み終わった雑誌はすぐに処分してしまいます。

みんなが断捨離して、みんなが買い控えすると、経済はさらに悪化してしまう? とも思うのですが、でも、不要なものを買わないだけで、必要なモノぱ買いますから、企業には、買いたくなるような良い物を売ってもらえばOKと言うわけですね。

断捨離をしていると、ただモノを捨てているだけでなく、そのことによって自分のライフスタイルも見えてきますね。

自分はこれまでどんな生活をしてきたのか、これからはどんな生活をして行くのか、少しずつわかってきます。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示