ホームスポンサー広告 ≫ クローゼットの断捨離実践2回目。昔仕事で使っていたレシピファイルやノートなど捨てました。ホーム断捨離実践の記録 ≫ クローゼットの断捨離実践2回目。昔仕事で使っていたレシピファイルやノートなど捨てました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


クローゼットの断捨離実践2回目。昔仕事で使っていたレシピファイルやノートなど捨てました。

物置と化している寝室クローゼットの断捨離実践、2回目です。
前回のクローゼットの断捨離はこちら →ここも汚空間。クローゼットの断捨離実践をはじめました

クローゼットの断捨離実践

物置になっているとはいえ、バラバラに放り込まれているのではなくて、手提げ袋や、ダンボール箱に収まっているので、やりやすいと言えばやりやすいです。

スポンサーリンク

大きな紙袋4つをクローゼットから出して中身を確認しましたら、コミックスの袋がひとつと、あと3つは、昔、手作りパン教室の講師をしていた頃のレシピやノートなどでした。

コミックスは、今、古本買い取りを頼むためダンボールに詰めているところなので、一緒に詰めて処分します。

パンのレシピは、おそらく100種類以上あると思いますし、ケーキや和菓子、チョコレートなど自分でも忘れてしまったくらい、色々なテキストがあります、でもう10年以上もここに入れたまま忘れていたものなので、捨てます。

ただ、一通り目を通して、作る可能性のあるものは、いくつかレシピ帳に取り置きするつもり。
私のレシピ帳についてはこちら →お料理本を断捨離する前に、ダイソーのファイルでマイ・レシピ帳を作りました

余談になりますが、このレシピ帳、キッチンに置いてあるのですが、メニューが決まらない時や、分量を確認する時に、すぐに使えてとても便利に使っています。

モノって、ただのモノなのに、当時の想い出や経験などによって、自分の「思い」もくっついているものなんですね。

今となってはただのあぐだもぐだ(ガラクタ)なのですが、なんだかとても愛おしい気がしてしまいます。

でも、断捨離をしている身としては、そういう愛しさは心にしまって、今使わないモノは手放すことにします。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。