ホームモノと向き合う暮らし ≫ これは失敗?断捨離でお裁縫箱を捨ててしまったからボタンつけができなくてあわてました

これは失敗?断捨離でお裁縫箱を捨ててしまったからボタンつけができなくてあわてました

夫に、服のボタンつけを頼まれてハタと困りました。

私、お裁縫箱捨てちゃった…… お裁縫箱と言っても、小さなダンボールの箱に針と糸を入れていただけのものでした。

断捨離してお裁縫箱を捨ててしまった

不器用者の私は、原則として縫い物はしない (できない) ので、シャツのボタンつけくらいしかしません。

先日、部屋の断捨離をした時に、もうずっと使っていないのだからと、ポイっとゴミ袋に入れてしまいました。

スポンサーリンク

捨てたとたんに必要になるとは思いも寄りませんでした。

それで、あわてて100円ショップダイソーに走ったのです。針セットと、ピンクッション、木綿糸セットと、それらを入れておく小さな厚紙の箱、400円(税別)でした。

断捨離してお裁縫箱を捨ててしまった

大きなソーイングセットなどは不要ですが、一応、針と糸くらいは置いてあってもいいかなぁと思って……

我が家では服はほぼ使い捨てですから、繕い物をすることはないのです。

普段着は高級品は買いません。1年着られれば良しとして、季節に合わせたリーズナブルで実用的な服を2~3枚ずつ、洗濯しながら交互に着ています。

別にミニマリストではないのですけれど、田舎の生活にはおしゃれ着はほとんど必要ないので、それだけのことです。

服がすり切れて見た目が悪くなったら、新しいのを買うことになります。

これまでは、新しい服を買った時に、古い服を捨てていなかったのですよね。捨てることに思い至らなかった。

そのため、着もしない服がタンスからあふれ出していました。

今は1巡目の服の断捨離を終えたので、以前よりはマシになったかなと思います。でもまだスッキリまでは行っていないので、そのうち2巡目もするつもりです。

今回は、断捨離で捨ててしまってから、後で「失敗したー」になってしまいましたね。でも、裁縫セットくらいなら、また買い直せるので、あまり問題ないかな。

むしろ、古いサビが入った針を大事に使うよりは、新しいピカピカの針の方が使いやすいので、新陳代謝になって良かったです。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示