ホーム親の介護 ≫ 認知症の母は仮病スキル・気持ち悪い攻撃を覚えたようです

認知症の母は仮病スキル・気持ち悪い攻撃を覚えたようです

笑っちゃう最近の母の行動。

あまり深刻に考えることでもないので、ここは笑うしかないのですが(笑)

認知症の母

週に2回行っているデイケアの日には、送迎バスが来る1時間ほど前に起こします。

最近は起こすと毎回「気持ちが悪く」なります。

スポンサーリンク

気持ち悪いと行って、口を押さえて吐くようなしくさを見せるのですが、実際には吐きません。

最初は、インフルエンザだと困るなと思って、デイケアを休ませたのですけれど。

休ませて15分もすると、気持ちが悪いことを忘れて、しっかり朝ご飯を食べて元気です。

気持ち悪くないの? 聞くと、気持ちが悪いと言ったことをすっかりわすれて、気持ち悪くなんかないよ……と。

また、ある時は、バスが迎えに来たとたんに、職員さんに「気持ち悪い」と言い出しました。

職員さんが、どうしますか? と聞くので、向こうで具合が悪かったら迎えに行きますから電話くださいと言って送り出しました。

心配していたのですが、途中で電話が無かったのでなんとかやっているのだろうと思っていましたら、とてもとても元気良く帰宅しました(笑)

施設からの連絡帳にも「体調悪いこと無くいつも通りに過ごされました」と書いてありました。

小学校の頃、学校を休みたいと急に咳が出たり、お腹が痛くなったりすることがありましたが、おそらくアレですよね。

これまでは、たまに頭が痛いと言うことはありましたが、デイケアの日に毎回気持ちが悪くなるのは最近はじまりました。

億劫なのだと思います。コタツでずっと寝ていた方が楽ですものね。

それなのに、帰宅するととても元気で、バスを降りながら「楽しかった~♪」と言うのです。

だから、デイケアで遊んでくることは嫌ではないのだと思います。

まあ、毎回起こすのが大変ではありますが、「気持ち悪く」ても、なんとか行ってもらおうと思います。

でも、本当に体調が悪かったらどうしようか、とも思うのですけれどね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示