ホームスポンサー広告 ≫ 断捨離は自分だけの問題。他人に指示強制するのはトラブルのもとホームモノと向き合う暮らし ≫ 断捨離は自分だけの問題。他人に指示強制するのはトラブルのもと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


断捨離は自分だけの問題。他人に指示強制するのはトラブルのもと

断捨離をはじめて、身の回りがスッキリしてくると、ちょっと他人にもアドバイスしたくなりませんか?

たとえば、家でゴロゴロしている夫に「ゴロゴロしていないで少しは部屋を片付けたら」「これ、邪魔なんだけど捨ててくれない?」
断捨離は自分だけの問題
親しい友達に向かって、「ダメじゃない、棚にこんなにモノを詰め込んだら」「そんな古い服捨てちゃえば良いのに」

等々……

かつての自分もそうしていたのに(笑)

スポンサーリンク

実は私もね。母や夫に向かって、つい口走りそうになって、何度も言葉をのみこんでいたりします。

言えば私の気持ちはおさまるかもしれないけれど、言われた方は嫌な気持ちになるでしょう。

余計なひとことはトラブルのもと。言葉の断捨離ですね。

断捨離をしていると、お部屋の状態に注意がむくようになってくるので、自分だけではなく、他人の身の回りも気になってくるものなんです。

でも、断捨離をするのは、あなた一人の問題を解決するためです。

自ら進んでしようとしている人ならともかく、やる気のない人に指示したり、強制したりしても無駄です。

言われた方は、良い気持ちはしません。もしかしたら、やらなくてはいけないのはわかっていても、なかなか体が動かない状態なのかもしれません。

そこを、頭ごなしに言ってしまうと、相手は傷ついたり、怒ったりしてしまうでしょう。

そんな時は、自分が断捨離をしていて、どんなに楽しいか、ご自分の経験を軽く話す程度にしておきましょう。

あなたの楽しそうな話を聞いて、断捨離してみようかなという気持ちになれば良いことですし、意に介せず断捨離をしなくても、それは相手の意志なのですから放っておけばいいのです。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。