ホームモノと向き合う暮らし ≫ 断捨離はモノ詰まりが軽症のうちにはじめた方が楽にすみます

断捨離はモノ詰まりが軽症のうちにはじめた方が楽にすみます

一年断捨離してもまだまだ終わりそうもない我が家。

一体どれだれモノが詰まっているんだ? という話ですよね。
断捨離
祖父母の代からのモノ詰まりですから、昭和初期からのモノが、積み重なり積み重なりして今に至っているわけです。

ここまで重症になる前に、なんとかならなかったのかなとも思うのですが……

スポンサーリンク

今更言ってもしかたがないことで、60年、70年分の堆積物を、私の代で始末していかなくてはなりません。

当然のことですが、断捨離は軽症のうちにやってしまった方が楽に済みます。

やましたひでこさんは、よく、蟻さんにたとえてお話しされます。

『お部屋に蟻さんが1~2匹なら簡単につまみ出せるけれど、100匹、200匹うようよしていたら触るのも嫌になる、お家から逃げ出したくなる』

我が家なんかもう、1000匹も2000匹もうようよしていそうです(笑)

ですから、お部屋をなんとかしようと思っているのなら、蟻さんの数が少ないうちに、断捨離をはじめた方がいいのです。

断捨離をしたくなければしなくてもいいのですが、しようと思ったら早い方がいいですよ。
私が断捨離をしたくなければしなくて良いと言う本当の理由は?

モノを選ぶ時、いつか使うかもと思って取り置いても、結局使わないことが多いです。

同じように、いつか断捨離をしようと思っていても、いつかは永遠に来ないかもしれません。

毎日、いつ終わるともしれない断捨離をしながら、もっと早く(若くて体力のある頃に)、やる気が起きていたらなぁと思ったりしているものですから、

老婆心ながら…… 断捨離をするつもりならすぐに行動した方がいいですよと、言いたいです。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示