ホームその他の話題 ≫ 断捨離の簡単なやり方。3つに分けるとスムーズに行く

断捨離の簡単なやり方。3つに分けるとスムーズに行く

断捨離は、今の自分を基準にしてモノを選んでいく作業です。

やること自体はとてもシンプルで、手放すのか、取り置くのか、2つにひとつです。

単純なのに、なかなか思い切れないのは、そこに執着があるからでしょう。
断捨離の簡単なやり方
それでも、断捨離をして理想の空間を作ろうとするなら、モノと向き合って、減らす努力をして行かなければなりません。

では、どのようにしたら、スムーズに断捨離が進むのかと言いますと、モノを3つに分類してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

それは、残すモノ、捨てるモノ、迷うモノの3つです。

私の場合は、場所ごとに断捨離しているのですが、モノは外に出してしまわず、ひとつひつと取り出しながら選んでいきます。

モノを全部出してしまうと、多すぎて収拾がつかなくなった過去の経験からそうしているだけなので、こんまり流でしても構いません。

こんまり流は、種類ごとの断捨離で、モノはすべてお部屋に出してしまいます。

最終的に、モノが減ってスッキリすればいいわけなので、細かいことにはこだわらなくても大丈夫。

ともかく、断捨離しようと決めた空間のモノをひとつひとつ取り出して、分けていきます。

残すもの


残すものは、今の自分に必要なもの、大切なモノ、好きなもの、使っているモノです。

1つ当たり数秒もあれば直感的に選べます。

これらは、残すものですので、まとめて並べておいてください。断捨離が終わったら、もとの空間へもどします。

捨てるモノ


捨てるモノは、今の自分に不要なモノ、あまり重要で無いモノ、嫌いなモノ、使っていないモノです。

ほぼ即決できると思いますが、1分以上迷うなら、迷うモノの方に移動させましょう。

1個所にまとめておいて、断捨離が終わってからゴミ袋に入れるか、または直接ゴミ袋へ入れて捨てます。

迷うモノ


迷うモノは、残すか捨てるか決断できないモノです。残すモノとと捨てるモノの中間と言ったらいいのでしょうか。

迷ったら、ひとまずは残して、断捨離が終わった後で、もういちど考えます。

後で考えるときもまた、迷うモノを3つに分けてみます。

今度は時間をかけてゆっくり、残すのか捨てるのか考えてみます。捨てた後で後悔することがないように、真剣に考えてください。

気が済むまで考えたら、残すモノは空間にもどし、捨てるモノはゴミ袋へ。

そして、さらに迷うものは時間を区切って取り置きます。

たとえば、1ヶ月使わなかったら捨てる、半年動かさなかったら捨てる、1年さわらなかったら捨てる、というように。

私の場合、期間が過ぎてからは捨てる決断をすることが多いですが、それでも、じっくり考えた結果の決断なので、自分でも納得して捨てることができます。


3つに分けて断捨離する方法では、残すモノと、捨てるモノはすぐに決められますから、迷ったモノをどうするかがボイントになりますね。

また、断捨離は1回したら終わりでは無くて、2巡目、3巡目をしてもいいので、最初の時に決断できなくても全然問題はありません。

時間が経てば考え方も変わるものですから、2巡目の断捨離の時に決断しても構わないのです。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示