ホーム断捨離・片付け ≫ 断捨離を効果的に進めるためのモノを停滞させない4つの習慣

断捨離を効果的に進めるためのモノを停滞させない4つの習慣

あなたは、食事をする時に。好きなものを最初に食べる派ですか? それとも、最後に食べる派ですか?

断捨離を効果的に進めるコツ

私は、残して置いて最後にゆっくり食べる派なのですが、それが、モノ溜まりになりがちな要因のひとつかな、なんて思いました。

スポンサーリンク

食べ物なら、食事の間だけのことですみますが、空間の場合は、そこで生活している限りずっとです。

好きなモノや大事なモノを後で使おうとしまい込むことは、モノ溜まりの始まりになります。

これ、ちょっと高いから使うのがもったいない、後で使おう、と言ってタンスの奥にしまい込み。

いただきモノは、今使っているのが無くなったら次に使おうとストックしておいて、記憶から消えていたり。

まだ使っていないからと包装したまま引き出しに眠っていたり。
未使用のモノを捨てる気持ち →未使用のモノを断捨離するのがつらい、でもあえて、つらさと向きあってみる

私、ものすごく、思い当たります(汗)

断捨離を効果的に進めるには、入ってくるモノを増やさないこと。入って来たモノは停滞させないことです。

入ってくるモノを増やさないコツについては、以前にお話ししました。
モノを増やさないコツ →モノを増やし続けていたら断捨離しても意味が無い。モノを増やさないための5つのヒント

入って来たモノを停滞させないためには、当たり前ですが、「すぐに使うこと」です。


  • 好きなモノから使う。
  • 買った物は、すぐに包装から出して、使う場所の近くに置く。
  • いただき物は、箱から出して最優先で使ってしまう。
  • ストックは必要最小限におさえる。



日常生活の習慣をほんの少し変えてみることで断捨離が進みます。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示