ホーム断捨離片付け本の感想 ≫ やましたひでこ・著『モノが経ると心は潤う簡単「断捨離」生活』の感想

やましたひでこ・著『モノが経ると心は潤う簡単「断捨離」生活』の感想

やましたひでこ・著『モノが経ると心は潤う簡単「断捨離」生活』 大和書房・刊 を読みました。

お正月7日に注文してもその日のうちにスペシャルボックスで届いた本です。
アマゾンスペシャルボックスの話はこちら →妖怪ウォッチの箱?注文したやましたひでこさんの本がamazonスペシャルボックスで届いた

モノが経ると心は潤う簡単「断捨離」生活』の感想

初版は発売と同時に売り切れて、届いたのが第3版でした。

スポンサーリンク

やましたひでこさんが、東京での単身赴任の家であり、事務所でもある東京のマンションを大公開している本です。

写真集のような大型の本なのかと思っていたら、普通の本でした。でも、写真写りが良いようにだと思うのですが、紙質は良くて活字も読みやすいです。

amazonスペシャルボックス

断捨離の方法を説明した本ではなくて、断捨離した結果どうなるか? を、紹介している本です。

やましたひでこさんのお部屋は、以前、動画などでも少し拝見していましたが、ホテルの一室のような、あまり生活感を感じないようなスッキリしたお部屋です。
やましたひでこ公式チャンネル →断捨離のやましたひでこさんがYouTube 動画で自宅を公開中

女性の一人暮らしならこういう部屋になるのかもしれませんが、気配りをしてなければこの空間をキープすることは難しいでしょうね。

昔、若い頃の私が安アパートで一人暮らしをしていた頃を考えると、当時、断捨離を知っていたらもっと違う生活ができたかしれません。

現在、家族3人で暮らしている私はここまでのスッキリは求めていないし、こうはできないと思ってしまいましたが、理想の空間は人それぞれ。

断捨離を進めて行くと、最終形態としてこんなお部屋が出現するんだよ、という参考にすればいいのだと思います。

食、衣、寝、住、洗、学、通を各章のテーマにして、生活へのこだわりや工夫などを紹介されています。

これも、参考にできることは参考にして行けば良いこと。

写真があると、具体的でわかりやすいですね。断捨離の実例を見ることで、自分の空間はこうありたい、私はこうしたいという理想が見えてきます。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示