ホームモノと向き合う暮らし ≫ 収納ボックスの残り3段の断捨離。父との思い出品も手放しました

収納ボックスの残り3段の断捨離。父との思い出品も手放しました

先日の断捨離初めで収納ボックス3段をした続きです。残る下3段の中身をしました、
前の断捨離 →断捨離初めは、収納ボックスの中身、ここもほとんど捨てました。

収納ボックスの残り3段の断捨離。

ここはあまり詰まっていなかったので、数分で終わりました。

スポンサーリンク

布巾用のタオルが大量に、手提げ袋タイプのビニール袋。なぜか、緩衝材のプチプチが2袋、

小型家電の自動ミルが1セット。このミルは、ちょっと想い出がある品です。

父が、最初の脳腫瘍の手術を受けて退院してから、体調が良くなった一時期がありました。

それまで続けていた、日曜日にコーヒーを淹れてくれる習慣が復活して、家族みんなで楽しむこともありました。

ところが、コーヒーメーカについていたミルが壊れたらしく動かなくなってしまったのです。

コーヒーが淹れられないと、父が寂しそうにしていたので、夫と買い物に出たついでに、このミルを買ってきたのでした。

その後、何回か、このミルで父のコーヒーを楽しみましたが、2か月も経たないうちに、2回目の手術をしなければならなくなり、それ以降一度も使っていません。

思い出深い品ですけれど、おそらく、もうじゅうぶんお役目は果たしてくれたと思います。

ですので、感謝を込めて手放します。

収納ボックスの残り3段の断捨離。

布巾と台ふきは毎月3枚ずつ新しくするので、使いそうなものは取り置きました。

手提げビニール袋は、母がデイケアへ毎回2枚ずつ持って行くので、これも取り置きです。

それ以外は、すべて捨てて、かなりスッキリしました♪

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示