ホームスポンサー広告 ≫ 食べきれない白菜の保存と冷凍保存。野菜のいただき物は嬉しい悲鳴ですホーム節約エコアイディア ≫ 食べきれない白菜の保存と冷凍保存。野菜のいただき物は嬉しい悲鳴です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


食べきれない白菜の保存と冷凍保存。野菜のいただき物は嬉しい悲鳴です

年末年始にかけて、夫の実家と伯母から、冬野菜をたくさんいただいて、野菜お大尽状態です。

大根や白菜は室温に置いても日持ちしますが、さすがに、大きな白菜8個は、家族3人では食べきれません。
大根の保存はこちら →大根は下ゆでしてから冷凍保存。煮ると味が染みやすい

食べきれない白菜の保存と冷凍保存

冬の場合、白菜は、暖房していない冷たい部屋か土間に転がしておけば1ヶ月くらいは食べられます。寒い地域では、新聞紙で包んでおくこともあります。

外側の葉が痛んできても、その葉っぱだけを取り除けば、中は大丈夫なことが多いです。

丸ママでも構いませんが、半分、または4分の1にカットしておくと、水分が飛んで、中心部が腐りにくいです。

スポンサーリンク

冷凍保存する場合は、おひたし用には、5cmくらいのザク切り、みそ汁用には1cmくらいの千切りなど、使い道によって切り方を変えて、塩を入れた熱湯で軽く茹でます。

食べきれない白菜の保存と冷凍保存

ザルに上げてよく水を切り、良く冷ましておきます。保存袋、ラップなどに包んで冷凍。

食べきれない白菜の保存と冷凍保存

おひたし等は、自然解凍しても良いですが、サッと湯通ししてから使ってもいいでしょう。

みそ汁には凍ったままだし汁に入れるだけ。

私は春の冷凍キャベツ、冬の冷凍白菜は、みそ汁の実にとても重宝しています。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。