ホームスポンサー広告 ≫ 今年の断捨離予定。手強い場所がいくつも残っていますホームモノと向き合う暮らし ≫ 今年の断捨離予定。手強い場所がいくつも残っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


今年の断捨離予定。手強い場所がいくつも残っています

我が家の断捨離片付け3年計画の1年目が終わって、2年目に入りました。正確には2月からなのですが、新年ということで、気持ちも新に2年目と考えようと思います。
断捨離3年計画 →我が家の断捨離片付け工程表は、ざっくり3年の長期予定です
今年の断捨離計画
1年目は、トレーニングも兼ねて、断捨離しやすい場所を中心にやってきました。自分の本、洋服、台所、お風呂場、板の間物置等々、目に入りやすい場所はひととおり終わったので、表面的にはまあまあモノは少なくなっています。

でも、大変そうな場所の断捨離はこれからです。

スポンサーリンク

押し入れや納戸、物置…… 扉の中に隠れている場所にもあぐだもぐだ(ガラクタ)がたくさん詰まっているのです。

何十年も動かしていないもの。おそらく、亡くなった祖母がお嫁入りの時に持って来た着物などもあるはず。

物置の中には大量のモノが詰まっているし、各部屋の押し入れにも、入れたままにの布団が詰まっているはず。

母の納戸にある大量の服はどうしよう? 捨てたら怒るかな…… など、頭が痛い断捨離もありそうです。

それでも、できるところからコツコツ進めていけば、今よりは良い状態になれるはずだと信じて。今年一年、断捨離をして行きます。

2016年が終わるとき、我が家がどんな状態になっているのかを楽しみに、続けて行こうと思っています。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。