ホームモノと向き合う暮らし ≫ 断捨離をはじめて素直になれたような気がする。片付けられるようになってきた理由

断捨離をはじめて素直になれたような気がする。片付けられるようになってきた理由

断捨離をすると心も変わると、よく言われます。

断捨離

実は、最初はほんとかなぁと、疑っていました。

だって、長年ナマケていた私、目の前にモノ溜まりがあっても見てl見ぬ振りをしていた私の体が動くなんて……

スポンサーリンク

いや、当時は、自分がナマケモノだなんて思っていなかったですね。部屋が散らかっていることにもほとんど気持ちが向いていなかったし。それが当たり前だと思っていました。

そのくせ、心の奥では罪悪感を感じて、片付けられない自分を恥じていた。

片付けられない人の心理って複雑なのですよね。

それなら、うだうだ考えていないで、体を動かせば良いだけなのに、なぜかそれができない。

それでも、何度かは片付けようと試みたことはあります。モノは捨てないで、いわゆる「収納」をしたわけですね。

部屋中のモノを積み重ねて、ここは、こんまり流と少し似ていますが、一種類のモノではくて、あれもこれも、収納場所に納めるべきモ全部です。

そして、ただ収納場所に納めて行くわけです。

今考えればよくわかるのですが、当時はわかりませんでした。

収納場所よりも、モノが多いので収まるはずがなかった。

夜になって、夫が仕事から帰ってきても、片付けは続いていました。部屋は、いつもよりも、さらに、さらに散らかった状態で。夫に「何だこれは」と、驚かれました(笑)

何度かそんな経験をしたので、「私は片付けられない人」なのだと、思い込んでいました。

そんな中、断捨離で、「モノを減らしてから片付ける」ということを知りました。

なんだ、モノを捨てれば良いのか、捨てるという選択肢があったのだ、ということを、ここではじめて知ったのでした。

それからですね、捨てるだけで良いなら、と、体が動くようになってきたのは。


変わるには、ほんのちょっとのキッカケが必要なんですね。

きっかけさえあれば、自分で意図しなくても変わることができるようです。

それからは、自分が片付けられない人だ、片付けられないのは恥ずかしいとは思わなくなりました。

私は、片付け方を知らなかったのだなぁと思うのです。

遅ればせながらではありますが、断捨離して少しずつ部屋がスッキリすることが嬉しくて、もっと片付けようという良い循環が起こっています。

変わることは、自分以外の誰にもできないことです。他の誰かが変わっても、お部屋がスッキリするはずはありませんものね。

自分で行動をしなければ変われません。

新しい年になって、気持ちが新鮮なうちに、行動を起こしてキッカケをつかんでみませんか?

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示