ホームスポンサー広告 ≫ 未使用のモノを断捨離するのがつらい、でもあえて、つらさと向きあってみるホームモノと向き合う暮らし ≫ 未使用のモノを断捨離するのがつらい、でもあえて、つらさと向きあってみる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


未使用のモノを断捨離するのがつらい、でもあえて、つらさと向きあってみる

断捨離をしていて迷うモノのひとつに、使っていないモノがあります。

買ったまま、ピニール袋からも出さずにタンスに入れて忘れているモノも多かったりして。

下着やブラウス、Tシャツなど、もう着ないなと思われるモノはだいぶ捨てました。
未使用のモノを断捨離
でも、まだ使っていないのに、もったいないという気持ちが強くて、捨てにくいのですよね。

スポンサーリンク

おそらく買った時には使うつもりで買ったのだと思いますが、手に入った時点で満足しててまって、忘れている。

よく考えてみると、本当に必要で買ったわけでは無かったかなと思うのですね。

必要なら、すぐに包装から出して使うでしょう。使わなかったのは必要なかったから。

単に「買ってみたかったから」かもしれないなと思います。

時々ありますよね、買い物依存症というほどはなくても、お買い物をするとストレス解消になるということ。

こういう買い物のしかたも、衝動買いの一種なのかもしれません。

これからは、お買い物をする時に気をつけようと思いながら、自戒を込めて、長年包装したままタンスに入っていたモノは捨てました。

必要で買った物は、そのままタンスに入れないで、包装をはずしてすぐ使えるようにしておくべきですね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。