ホームモノと向き合う暮らし ≫ 断捨離した後で後悔しないためにはどうする?

断捨離した後で後悔しないためにはどうする?

断捨離して色々モノを手放した後で、失敗した、捨てなきゃ良かったと後悔したことがありますか?

今のところ私は、何十年も動かさなかった場所の断捨離をしていることが多いので、ほとんど捨ててしまっても支障が出たことは無いのです。
断捨離した後で後悔しないためにはどうする?
でも、現在使っているモノを断捨離しているとしたら、調子に乗って必要なモノまで捨ててしまうことが無いとはいえませんね。

そういう後悔をしないためには、どうしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

まず、捨ててしまうと後悔しそうなモノは何か考えてみましょう。

捨てると後悔しそうなモノは?



気に入っているモノ
自分の好きなモノやお気に入りはなかなか捨てられないし、捨てた後で後悔する可能性がありそうですね。

高かったモノ
買った時、高かったモノは、支払った額を思うと捨てにくいし、後悔するかもしれません。

いただきモノ
特に、恋人や夫、子供からのプレゼントは捨てたくないですよね。当然、捨ててしまったら後悔するでしょう。

限定品・記念品
その時だけしか手に入らない特別な品は、捨てられませんね、そして、もう二度と手に入らないので、捨ててからの後悔は大きいですね。

また、習い事などお免状や表彰状なども捨てにくい、資格の証明などで必要になって後悔するかも。

後悔しないための捨て方



こうしてみると、捨てにくいモノと、後で後悔しそうなモノはほぼ一緒です。

ということは、断捨離をしていて、捨てられないと迷った時に、慎重に判断するべきですよね。

特に、捨てたら最後、もう二度と手に入らないモノは、少し時間をかけて考えて良いと思いますよ。

たとえば、「1年使わないモノは捨てる」のように、ひとまず取りおいて良く考えればいいですよ。

断捨離は捨てるのが目的ではありませんから、何もかも捨てなくていいのです。

じっくり考えて、気持ちに正直に出した結論は尊重しましょう。

多少後悔してもかまわない



いずれにしても、自分が選択した結果なのですから、多少の後悔が残っても良いのではないかと思うのです。

無くなってどうしても不自由なものなら、また買えばいいことですし、高価だったり、限定品だったりで買えないものはあきらめるしかありません。

後悔したって別にいいじゃないですか? 後悔はしても、そのモノが無いなら無いでいられるのだから。

気持ちを切り替えて、別の心を動かされるモノやコトを探してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示