ホーム断捨離実践の記録 ≫ こたつの断捨離を決行しました。ついついナマケモノになってしまうので……

こたつの断捨離を決行しました。ついついナマケモノになってしまうので……

近い将来、また猫を飼うために、猫部屋になる場所を断捨離しようと決心しました。

2階の夫婦の部屋と寝室の断捨離をはじめています。
猫を飼う準備 →断捨離の目標がまたひとつ♪大きな猫がらくらく暮らせる部屋を夢見て
コタツの断捨離

2階の部屋は、本棚と納戸の洋服ダンスは一通り断捨離が終わっていますが、まだまだモノが多いので、少しでも広いスペースが取れるように見直しています。

その第一弾として、今年はこたつをかけないことにしました。

スポンサーリンク

私は、これまでも、こたつ入ることはほとんどなかったので、テレビ前のこたつはもっぱら夫だけの特等席です。

夫も2年ほど前から、痛む腰への負担を軽くするため椅子に座るようになったので、足だけ温めているという状態でした。

そこで、今年は夫と話し合って、こたつをやめようということになったのです。

捨ててしまったわけではなくて、テーブルとしては利用しています。

なぜ、こたつを使わなくしたのか、というと、いくつか理由があります。

●ぬくぬく暖かいので、何をするにも億劫で動かなくなってしまうこと。

●周りにモノが集まってきて、モノ溜まりになる危険性があること。

●お掃除をするにも手間がかかり面倒なので、掃除が雑になってしまうこと。


部屋全体はエアコンで暖めているので、私の住んでいる地域でなら、暖かい服を着たり、膝掛けを使ってじゅうぶん暖かくして過ごせます。

こたつは日本の文化でもありますし、暖かくて大好きなのですが、自分を甘やかしすぎになってしまうので、あえて使わない暮らしをしてみることにしました。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示