ホームスポンサー広告 ≫ こんまりさんが言うには、片付けなんかいつまでもやっているものじゃないとのこと。ホームモノと向き合う暮らし ≫ こんまりさんが言うには、片付けなんかいつまでもやっているものじゃないとのこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


こんまりさんが言うには、片付けなんかいつまでもやっているものじゃないとのこと。

こんまり、こと、近藤麻里恵さんがおっしゃるには、「片付けなんかサッサと終わらせなさい」とのこと。

確かにね、人生は片付けるためにあるわけじゃないので、毎日、毎日部屋を片付けてばかりいる生活は良いとは言えません。
片付けなんかいつまでもやっているものじゃない

こんまりさん流に、一気に片付けてしまえば、その日のうちに終わってしまうから、サッパリしたお部屋で早くすごせそうです。

スポンサーリンク

こんまりさんが提唱している片付け術は、マンションやアパート暮らしの方、お若い方に向いているのかな。

もちろん、色々な年代の方、色々なお住まいの方がたくさん実践されているので、それぞれの環境でやりやすい方法というのがあるのだろうと思います。

断捨離が場所ごとに少しずつ区切ってやて行くのに対して、こんまり流は、モノごとに一気にやることが推奨されています。

例えば、洋服。クローゼットの中にあるもの、茶の間に置いてあるもの、色々な場所に置いてある洋服をすべて部屋の真ん中に積み上げてしまいます。

まずは、積み上げることで、自分がどれほどのモノを持っているのかを実感します。

次に、ひとつずつ手にとって、ときめくのか、ときめかないかを判断します。

「ときめく」って抽象的な言葉ですけれど、感覚的に直感で選択するということでしょうか。

理屈ではなく、自分の心に聞いてみるというのが、自分にふさわしいモノを選び出すコツなのですね。

我が家の場合は、ギッシリモノが詰まった家1軒まるごとなので、一個所にまとめて積み上げるというわけには行きませんし、それに、若い頃のように長時間集中して作業する持久力もなくなっていますが(汗)
断捨離3年計画 →我が家の断捨離片付け工程表は、ざっくり3年の長期予定です

やはり、一生断捨離を続けて行くのは嫌ですね。

こんまりさんがおっしゃっているようにサッサと終わらせて快適なお部屋に暮らしたいです。

3年計画で断捨離を終わらせたら、その後はモノが増えないような暮らし方をしながら、人生を楽しんで行きたいですね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。