ホームモノと向き合う暮らし ≫ 断捨離と片付けと掃除の違いは?お部屋をキレイにする順番は

断捨離と片付けと掃除の違いは?お部屋をキレイにする順番は

片付けと掃除と断捨離と、なんとなく同じような言葉に思えて、私などもたまに混同して使っていますが、実は、それぞれ意味が違います。
断捨離と片付けと掃除の違いは?

そして、お部屋やお家をキレイにするには、どの順番でやって行くかが大事なのです。

言葉は、色々な意味に解釈はできるのですが、ここでは、断捨離的な考え方でそれぞれの意味について説明します。

スポンサーリンク

片付けとは


片付けるとは、国語辞典によりますと、「物を、適当な場所にきちんと入れ納める。乱雑に置かれている物をまとめ整える。」ということ。

つまり、収納することを言います。

片付け術、収納術はお部屋を整えるための方法ですが、私の場合、また、片付けられなかった人の場合には、うまく行かなかった理由がありました。

それは、収納スペース、つまり、収納家具や、お部屋の広さよりも、モノが多かったから

加えて、片付ける時間や、やる気が無かったから(笑)

遊ぶ時間はあっても、片付ける時間は作れなかった。そして、お部屋が散らかっていても死にゃしないと、居直っていました。

それなら、どうしたら片付くのか? というと、まずはモノが少なくなれば片付きます。

モノが少なければ、片付けに割く時間も少なくてすむようになります。

やる気は、ご自分の中で気持ちを変化させなくてはなりませんが、短時間でササッと片付けられれば動けるのではないでしょうか。

そういう意味で、片付けるためには、その前にモノを減らす必要があるのです。

掃除とは


掃除(そうじ)とは、ほこり、チリ、ゴミなどを取り除いて清潔な状態にすること。

つまり、掃いたり、拭いたり、磨いたりすることです。

モノ自体を掃除するということもありますが、普通は、お部屋を、空間を清潔にするという意味で使われますね。

では、なぜお掃除ができないか? と言うと。やっぱり、モノが多いからだと思うのですが、いかがでしょう?

モノが多くて、お部屋が散らかっているから、それを移動させながらお掃除するのは面倒臭い。

労力としても、心理的にも負担が多いから、まあ、いいか、と……

お掃除して部屋を清潔にするためにも、やはり、モノが少ないことが必要なのですね。

断捨離とは


断捨離とは、増えてしまったたくさんのモノの中から、自分に必要なモノ、自分が持っていて快適なモノ、自分が持っていて快いモノを選び出し、それ以外のモノを手放す作業です。

実のところモノがギッチリつまっている状態では、断捨離もなかなか大変ではありますが、少しずつできるところからはじめて、モノがゆるゆる動くようになってくると、一気に加速してきます。

断捨離して、モノが少なくなってくれば、当然、掃除、片付けはスムーズにできるようになります。


お部屋をキレイにする順番としては、まずは断捨離でモノを減らすこと。その上で、お掃除、片付けをする、ということですね。

お掃除、片付けはどちらが先にするのがいいのかな?

モノを減らして、お掃除した空間にモノを片付ける、でもいいですし、モノを少なくして収納した空間をお掃除するでもいいですよね。

いずれにしても、ご自分が持っているお部屋(空間)にとって、モノが少なくなれば、片付け、お掃除する労力は減って、少しの時間で対処できるようになります。

まずは、断捨離してモノを減らすことからスタートです。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示